「現実(リアル)」と闘う

更新滞ってます。予想以上に忙しくてっ汗。
月曜日からは落ち着くと思うので夜に神のみと絶望先生の補完します!


しばらくひきこもってて、久々に人前で働きはじめるといろいろなことを考えてしまいます…

若木先生がブログで書いてたけど、マンガだとか小説、映画とかの「作品」よりも、「現実(リアル)」の影響力は強大です。でも私の場合、結果的には自分にプラスに働く力だと分かっていても、その力の大きさに圧倒されてしまって、拒否してしまう、んで後でうだうだ後悔するのね。

「自分の殻を破らないとあなたはずっと閉塞感を抱えたまま生きることになる」
と私におっしゃった大学時代の声楽担当、M先生。
M先生との出会い、という「現実」は、中途半端に音楽に挫折して堕落した生活を送っていた私の大学生活を一変させてくれました。

それなのに、どう自分が変化したかっていうのがはっきりつかめなくて、自分がこれから何をしていけばいいのか分からなくて…直前まで音楽で大学院進学を考えていたのに、逃げてしまいました。

まだ私は閉塞感を抱えたままです。M先生ごめんなさい…(実際めっちゃ怒られた)
また再び強力な「現実(リアル)」が現れたら…私は「自分」と戦うことができるようにしたいな。
そのためには「他人」から逃げないことだよな、なんておもいながら必死で仕事をしています。

…それ以前に、M先生と同じくらい強力な「現実」があらわれる可能性ってあるのかしら…
いままでたくさんの可能性があったにもかかわらずずっと逃げてきちゃったからなぁ…
もう神様もあきれてチャンスをくれないかもしれないねぇ。お前には「自分」の世界に閉じこもってるのがお似合いだって、さ。

M先生は「そんな受身の姿勢だから何やっても逃げてしまうのよ!」っていいそうだ笑。


関連記事
[ 2008/07/07 00:39 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/78-6f9eb3ef