スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【C78行ってきました!】神のみぞ知るセカイコミケPVレポ

8月13日~15日、上京してコミケ行ってきましたよ!!!
pv素晴らしくって、ブースの前に居座って4回もみちゃいましたー!

http://twitter.com/kaminomi_jp/status/20472937910
kaminomianime1.jpg
という公式ツイッターのつぶやきと、若木先生のアニメに対する本気っぷり(エルシィ桂馬の掛け合いの台本は若木先生作とかディレクションも若木先生がやったとか…詳しくは後述)に

http://twitter.com/angelfrench/status/21051123687
kaminomianime5.jpg
いてもたってもいられずコミケ行ってきました笑。

写真とか撮りたかったんですが、撮影禁止だったので記憶のみでレポ。間違いあったらごめんなさい。

☆PVナビゲート
神のみPV単体だけではなく、エルシィと桂馬がこの秋の注目作のナビゲートをする、という感じで、神のみプッシュされてるじゃぁああああん!!と勝手にテンションあがりまくりでした笑。
kaminomianime2.jpg



最初の挨拶→神のみPV→桂馬とエルシィの漫才→インデックスPV→桂馬とエルシィの漫才→薄桜鬼PV→エルシィ桂馬の漫才→もっとトラぶるPV→最後の挨拶の流れ(他作品の順番は違う可能性が…あいまいですごめんなさい)


☆PV本編について
「KISS、KISS、kISS・・・」の題名そのまま、攻略相手とのキス連発PVでおいしいとこどりでした!!
しかも全員アップ、歩美から月夜までの攻略っ娘全員と、最後にエルシィがハクアを救うあの名シーンがっ。
全編スローモーションな感じで、公式HPで公開されているスピード感あるPVとは対照的です。

キスシーンのセリフはなしで、裏で本編の中でのエルシィと桂馬の掛け合いが流れてます。
(キスシーンはもちろん、かけ合いも完全原作準拠。)

歩美編 「ちゃんと花は育っているのでしょうか…」「ゲームでは好きと嫌いは変換可能なんだよ」
美生編 「あの娘はいけない娘です!!」「どうやらあいつは良いヤツということらしいぞ」
かのん編「どうしてあんな冷たい態度とるんですか?」「見極めろ。ここは乗ってはいけない流れだ」
しおり編「神さまが女の子を怒らせるのにもなれてきましたよ」「怒らせてるんじゃない。話してるんだ」
楠編  「デートとかどうでしょー!?可愛い服着て、二人でお出かけしたら!」「勝手にルートを決めるな!」
ちひろ編「でも告白が中止じゃ、もう駆け魂を出す機会が…」「駆け魂は、ボクが出すよ」
純編  「神さまは仲良くなる天才ですね!」「冗談じゃない!これでボクは教え子のカテゴリに入ってしまった」
月夜編「神さまー!また駆け魂ですよ、聞いてますか?」「許さない!よっきゅんを、よっきゅんをよくも笑ったなーー!!」

という感じ。

この後に、エルシィがハクアを救う名シーン(3巻収録のFLAG26をご覧あれ)が入ります。ハクア大人っぽくてでも頼りなさそうでめっちゃよかった。

そのあと、ハクアとエルシィがPFPに吸い込まれるように消えていき、FLAG.@「変わるセカイ」(本誌ではFLAG14の後、単行本では2巻のカバー裏)のモノローグが…!(映像は、FLAG66のセンターカラーのひまわり畑エルシィ)

FLAG@は2ページの作品でしたが、神のみっていう作品の深いところをついている素晴らしい話だと思うので、このチョイスは正しすぎるくらい正しいと私は主張します!!!笑


☆その他雑多な感想
・最初のOP、エルシィと桂馬の掛け合いで感動しまくり!!
さすが若木先生がセリフ書いただけのことはあるという!!
kaminomianime3.jpg
「可愛くて優秀な悪魔」といいはるエルシィに対して「仕様が変わったのか…?」なんて返す桂馬に感動!!

・全部の紹介終わった後の、桂馬の「次の出番まで、ゲームゲーム♪」が可愛すぎた!!

・あとはエルシィが「クーデレ」を「食うデレ」だと勘違いしてたり、宇宙人に憧れて地獄よりもっとすごいところから桂馬のところに来たがったり笑、新撰組を新鮮組だと勘違いしたり笑、ぽんこつぶり全開でした!それにしかたなくつっこむ桂馬もいい!!はやく本編のかけあいみたいー!!キスのPVは他でも使うとしても、この他作品のナビゲート用かけ合いはコミケでしかみれなさそうで、レアでした!!

・いきなりあゆみんと桂馬のキスシーンで足から崩れ落ちそうになりました!!!(というか初めて見た時はbさんによりかかってたし汗)めっちゃ怪しい人です!!興奮状態だったので周りにいた方は大変迷惑だったかと…申し訳ない!でもそれだけ破壊力があるPVです。

・個人的にefでの下野さんの演技が大好きだったので、今回の桂馬の声は悶絶ものでしたねーー!
他の方も言ってましたが、冒頭の「そんなやついたか?」のところで声が高くなっていた部分以外は違和感なく…というか、あの起伏の少ない感じがぴったりだと思いました。今までの下野さんのキャラの中ではefの広野紘が一番桂馬に近いと思います。(妙に冷めてるところとか、現実に距離置いてるところとか、目の前の女の子ほっておけないところとか、桂馬と重なる部分もあるキャラで…)気になる方はぜひefのアニメチェックしてみてーー!良いアニメです。特に2話と10話は必見。(ひろくん好き視点で)

☆その他新しいリリース情報が!!
キャラソンやOPEDもリリース決定しているようです!!一部店舗でも予約始まっていますね。
あとで別記事に情報まとめますー
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/786-3a03e9ba













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。