スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG110感想~人格とリアリティ、虚構と現実~

FLAG110「アンドロイドはチキンカツの夢をみるか?」

よみましたっ
いや、今週は神のみらしさ全開の回ですねー!!
まさに「マンガにおける虚構と現実の世界との関係性や、キャラのリアリティ、「萌え」や恋愛シュミレーションゲームのブームといった近年の状況をメタレベルで描き」な部分が出ていると思います。

☆「人間」ってなに?
ずっとコメディっぽく進むんだけど、何気に考えさせられることが多い。
ヒロインの倉川灯ちゃん(3年)は、人間を作ろうとして段ボール製ロボットに生肉を入れる。
この行動から分かる通り、彼女は人間ってものが、そもそも分かっていない。
肉や血があることが重要なのではなく、人間がもつ感情が外に向けて表現されて初めて人格が認識されて、人間となる。
桂馬は段ボールロボットにROCOちゃんという名前と女の子の顔、そして「わたし、すぐぶつかっちゃうの…でもがんばる!」というセリフひとつで人格を生み出してしまった。
ここらへん、ホントうまいなぁあと思います。常人の私はこういう上手さをすげーすげーと言うことしかできません笑。そのあと、「顔の精度を上げる」ため人体模型の首をつけて大失敗するシーンがだめおしです。

なにげにスキルもってる笑、技術部を登場させたり、桂馬が一生懸命絵を描く練習してたり笑、基本コメディなんだけど「メタ」な意識があるところがたまりませんねっっっっ


そして愛を語る桂馬。キスシーンがまた素晴らしいいんだああああ!!!
音が聞こえてきそうなのが!!!
桂馬がかっこいいのはもちろん灯の感情のない目も印象的です。

桂馬→灯への愛がどういう風に動くのか楽しみ。

気になるのは、灯がここまで「人間作り」に没頭する理由。
キスでちょっと動くんだろうけど…一筋縄には行きそうにないですね。

☆サブタイトル
サブタイトルは有名なロボットものSF「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」ですね。
よくパロディに使われるタイトルなので読んだことはなくてもタイトルは知ってるという方も多いかと…
(絶望先生のサブタイトルにも「アンドロイドは機械の花嫁の夢を見るか」がありましたし、エロゲ的にもオランダ妻は電気ウナギの夢をみるか?というのがあったり笑)

なので今回のサブタイトルはロボットSFもので統一なのかなと、前回の「ミス・ロボット」はアシモフの「アイ・ロボット」が元ネタと思っていたのですが、「ミスター・ロボット」という曲もあるのですね。


☆ゴミ子
若木先生もブログでおっしゃってたとおり、灯の格好がアルバトロス皇女(ゴミ子バージョン)にしか見えません笑。ほんとに、リュックとかまんまですね。

あと、若木先生は意識してないんだろうけど、十神先生の「桃色兵姫スピン」に出てくるマッドサイエンティスト幼馴染陽世にもちょっと被るなぁと勝手に思ってます笑。陽世かわいいよ陽世。

…あとラブプラスの凛子もね笑。

☆その他
・エルシィ、人間界になじみすぎww普通のぽんこつ妹キャラになってるww
(ねこねこソフトにでてきそうなキャラ)
・オイルの匂い…ってことは生肉以外にもいろいろ試しているんだろうか。
・律儀に絵の練習する桂馬かわいい!!
・舞校祭に出したい…急ぎたい理由はあるのかな。
・マシントラブルのアミィについて熱く語る桂馬!!でもこの裏には桂馬の慎重なる計算があって…というのがたまりませね!!


☆巻末コメント
Q.子どものころに読んだ本、マンガ、絵本などで、いまだに印象に残っている作品は何ですか?
A.インパクトは『はだしのゲン』が最大。

☆アンケート
https://ml.webshogakukan.com/sunday/enquete/kensho38.html




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/788-1ada60f1













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。