スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイ FLAG.12 感想とか元ネタとか

FLAG.12 『Coupling/with』
よみましたっ
もうね…読んでて死にそう。(いい意味で、ですよ!けっしてマー的な意味じゃないよ!)
神にーさまの素晴らしいツンデレっぷりにニヤニヤ、「神様、なんか、いろいろ…最高っス!!」という担当さんのアオリに同意せざるをえない回でした。でも、それだけじゃないっ!

今回のザッピングになんか意味あったの?セリフ、展開ほとんど一緒で桂馬の心理描写がちょこっと細かくなっただけじゃん、というような意見もちらほら見えますが…

個人的には「桂馬の変化」を描いた、という点で、すっごく重要な話だったと思います。


☆桂馬は他の「神様」とは違う!
現実なんかどーでもいいといいつつ、深く関わった人は放っておけないっていうのが良すぎますねっ!
ここ数年流行の「自分=絶対正義、正義のためなら他人が犠牲になってもいい」という冷徹でクールな「神様」とは、似てるようで一線を画しています。

二次元>>>現実、というかなり特殊な価値観を持ってるけど、実は「困ってる人を放っておけない」王道的な少年誌主人公な面も持ってるんじゃん、神様って。かっこよすぎ。


☆「桂馬の変化」…だんだんと現実を断ち切れなくなってきてる神様
神様、エルシィと契約して以来それまで無関係だった現実の女の子としっかり向き合ってるわけで…
攻略過程でターゲットの女の子だけでなく、桂馬だってしっかり変化してるんですっ!
…という面を見せる、という意図があるのかなぁと。

以前の神様だったら「ゲームより現実の女の子が気になる」なんてこと考えられない。
(前回のインタミ回FLAG.6参照)
なのに今回はエルシィが教室からいなくなったことが気になって教室抜け出してるんだぞ!?
(手にはしっかりPFPが握られてますが笑)
ターゲットでもないのに無意識のうちに攻略ルートを探してるんだぞ!?
無我夢中で家庭科室へ走りこむんだぞ!?

これを変化といわずなんといおうかっ!!
最後の「ほんっっっとにいつになったら断ち切れるんだ、現実(リアル)と!!」という心の声がダメ押し。


☆桂馬から見たエルシィが異常にかわいく描かれてる
前回と比べると一目瞭然。
んー、でも個人的にはエルシィに恋愛感情を持っているようにはおもえないんだよなぁ…
あくまで「妹」で「アクマ」な信頼関係に見えてしまいます。
これは男女間の愛情が全て恋愛感情に収束してしまうのはなんか違うだろ!という個人的な思いのせいかも。
この流れでいくと、正ヒロインはエルシィなんだろうけれど。


☆桂馬はどう「現実(リアル)」と戦っていくのか。神のままでいられるか。
で、今回の話を読んで。
これから先「二次元>>>現実」という桂馬の価値観が本格的に揺らぐ可能性もあるなぁと思いました。今まで彼の価値観や行動がぶれてなかったのは、一人で二次元世界で神として生きていたからであって、「現実」と強制的に向き合わされてる現在、「現実」は確実に彼に影響を与えてますね…

この「現実」を克服して一人で二次元世界の神に戻るのか、はたまた自分は「現実」に生きる一人の人間であって、神なんかじゃないと自覚するのか。
こういうテーマが出てきてもおかしくないです。若木先生のブログよんでてもこういうテーマも考えてるんじゃないかなと思えますねぇ。→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?day=20080703
突き抜けたコメディとしても楽しめつつ、こういうちょっと人生哲学的なテーマが見え隠れしてるとこがイヤミじゃなくて良いですわ。





以下、いつものごとくできた部分から順次更新していきます…画像は明日かな…
見ている人いたら気長に待っていてください。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/79-354e8d2b













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。