神のみぞ知るセカイFLAG.14 感想とか元ネタとか

FlAG.14「あたしの中の…」

よみましたっ
「バ…バカ―――」の破壊力がすごいっ
前回同様、栞の心理描写がすばらしいですよ~

☆センターカラー表紙
2回目のセンターカラーで栞ちゃん。相変わらず丸っこいシルエットが私の好みにストライクっ!
なんかPCゲームの販促ポスターみたいね。美しい。
…とおもったら、実際販促に使われていた模様。
ttp://www.senakablog.com/archives/img4/2008-07-12-104.jpg
コミックスも売れてるみたいですねっ!アマゾンではランキング10位以内で安定してるし、トーハンでは30位台(実績無い…失礼、漫画家さんの1巻としたらかなりいいほう)、オタク系のに強いジュンク堂あたりで10位以台っぽい。あとできちんと調べますっ!

☆センターカラー2p目。図書委員女子の鉄則。
「耳をすませば聞こえてくるよ。文系少女のココロの声が。」
でました、桂馬のゲーム理論。
この場面の絵、なんか元ネタありそう…。なーんか見覚えあるのよね。
カラーの色使いも最高。CGっぽさが本編の雰囲気そのまま。すごーい。


☆サブタイトルの元ネタ
今回のシリーズは新井素子しばりですねっ!
「あたしの中の…」は新井素子デビュー作のSF作品。彼女は当時高校2年生で、今の桂馬たちと一緒の年齢。たしかコバルト文庫だったような。今でもよめるんかしらん?

他にも「あなたにここにいて欲しい」(講談社文庫)とか「…絶句」(ハヤカワ文庫)とか「扉を開けて」(コバルト文庫)とか、元ネタに使われそうなタイトルがいっぱいっ!
タイトルを見てるだけで妄想が膨らみますねぇ笑。
個人的には「おしまいの日」(新潮文庫)と「今はもういないあたしへ…」(コバルト文庫)が好きなのででてきてくれたらうれしいなー。


☆注目ポイント1:桂馬に栞は攻略できるの?
前回の感想でも書いたけど、栞は桂馬と同じく「リアルなんてクソ」な世界で生きてることが、今回ではっきりしました。彼女のココロのスキマがそれだとしたら、桂馬はその世界を否定できるのかしらん?

そりゃぁ、桂馬の演技力と完璧なシュミレーション能力をもってしたら、彼女を「現実」の世界に連れ出すことは可能でしょう。けど、彼女の攻略後、桂馬は「2D世界の絶対神」としての自分を信じ続けることができるんだろうか。桂馬はなんだかんだいって女の子と真剣に接してるから、「現実」に向き合った栞の影響を受けずにはいられない気がします…。


☆FLAG.@が描く世界
たった2pだけど…とにかく、いいっ!!
記憶は消えるけど、ほんのり好意は残る、ていう設定がいきてます。
桂馬(神)によって、セカイは変わる。アクマであるエルシィは、その変化を知ってる。
この構図(エルシィがベンチから桂馬とあゆみんを眺めてる)がめっちゃいいですねっ!
ただ、女の子を消費していくだけの話じゃないよっ!
「神のみぞ知るセカイ」の意味が、ちょっと見えた気もする。

あとね、やっぱり若木先生はキャラの表情がうますぎっ
あゆみんも美生も、桂馬に対する表情が攻略時とまったくちがう顔してる。
箒を差し出すあゆみん、桂馬への好感まるだしでかわいすぎですわー。
振り返って桂馬を見る美生は、まるで話したことも無い男の子に憧れるフツーの女の子じゃないかっ!
二人とも、記憶消去の前より桂馬のこと「好き」になってそうだ、これ笑。

しっかし印刷悪いなぁ。美生にトラウマイスタのロゴがうつっちゃってる。
FLAG.@はちゃんと単行本にはいるんかね?単行本収録無い場合も考慮して、もっと印刷がいいサンデーを買ってくるべきか…


☆アクマなエルシィの伏線…?
FLAG.2でエルシィが言った「今におにいさまは全ての女性の憧れの人になるんですから!」というセリフが本当のことになりそうよー、これ。あのセリフは伏線だったのか?


☆その他気になったところ
・「ギャーギャー騒ぐわりには頭空っぽ」
これはエルシィのことですか、桂馬くん笑。

・相変わらず好感度が下がることを恐れないとこるがすごいですね。
これこそ桂馬の強さですねっ。自分が傷つくことを恐れない。「相手を知る」ことを第一に考えてたら、そりゃもてるわー。しかしこのモテ要素は、皮肉にも「2D女>>>3D女」という信念があって成り立ってます。

・一回きりの出会いのはずが、図書館で偶然の再会。ここだけ見るとフツーのボーイ・ミーツ・ガールだ。
この、肩と顔のあいだにすっぽりおさまってる身長差がいいにゃー。少女マンガみたい。

☆小ネタとか
・処分される図書たちが気になる…
読みたい本ばかりなんですが笑。
「ハンバーグ史」
「金縛り占い」
「失敗しないギズモの飼い方」
「はじめてのゴボル語会話 旅先で役立つ50語」
「図説 カビの生態」


・何気にゆうちゃん再登場。
桂馬が1話で攻略してたギャルゲーキャラですねっ
まさか再登場とは…笑

・容積反比例の法則
「ゲームもデカい箱のやつに限ってクソだったりすんだよ。」
あれ?ここゲーム板でもギャルゲ板でもエロゲー板でもないよね?


画像は後で~
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/87-450a564c