スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG126感想~舞台裏見せちゃいます!からの面白さ~

FLAG126「5 HOME」

よみましたっ
いやー、新年そうそうめちゃくちゃ面白いですよね!!
夕方のアニメ再放送始まったし(わが香川でも見れます!!やった!!)、BD/DVDも発売されるし、ここから原作に入った人に面白いと思ってもらえるお話なんじゃないかと!!

女神探し・再攻略は、がっつり神のみの仕掛けが見えるメタっぽいお話ながら、桂馬の計画通りには行かずリアルに振り回される楽しさと言ったら!!これで全部桂馬の思い通りにいったら逆に気持ち悪いし面白くないんだろうなぁ笑。これもアニメ1期でやった攻略回があってこそ。ですよ!!!

今週の桂馬見てたら、ホント探偵みたいだw

☆下校イベント
桂馬のゲーム理論で行くと、一緒に帰るってのはすごく重要なことなんだそうな。

?下校イベント
?連絡先の交換
?デート
?女子からの下校イベント
? ??の繰り返し


こうやって恋愛は高まると!!
ぐぬぬ、確かに似たようなパターン何度も見たような…!
(妙に説得力を感じてしまうっ)

しかし桂馬のすごいとこは、スケジュール管理して5人同時に下校イベントを完成させようとするところだ…
flag1261.jpg
漫画の中に主人公直筆のノート解説なんてどこの「数学ガールII フェルマーの最終定理」だよっ笑

舞高って土曜日も授業あるんですね。さすが私立高校。

☆ハクアのつっこみがいちいち楽しい
桂馬とエルシィだとどっちもボケみたいになるからなぁーそれも大好きだけど笑。
ハクアの容赦ないツッコミが楽しいです。
「見てろ、このイベントで…各女子の好感度を5ずつ上げる!!」
「5ってどれだけなのよ。」

とか好きだなー!!

テレビの天気予報が雨になっているのも細かい。

☆ゲームとリアルの違い
桂馬、かのん殺害未遂事件以降ゲームしてない分、リアルで5人同時攻略という今の状況でゲームらしい計画立ててるのかも。その分、ゲームとリアルの違いが浮き立つ、と…。

まず、雨で月観測がないはずの月夜。授業終了後なかなか出てこず…。
桂馬も30分のおくれは想定していても現実は一時間。

雨にぬれないよう準備していて遅くなったのかなー。レインコートとレインブーツ、ルナを入れたカゴが赤ずきんちゃんみたいでかわいい。

月夜が出てきたとたん、さしてた傘を捨てて雨にぬれながら待ってた風を装う桂馬がw
思わずホンネ漏れてるけど、意味がわからないと月夜にとっては、ミステリアスな男として位置づけられて行ってるのかもしれない…。少女小説とかでもあるじゃないか、急に男の子が目の前に現れて、自分には分けがわからないことを言ってて、だんだん物語が見えてくるっていう。

月夜が周りの目気にして席に座った後、桂馬がさりげなく月夜の席に近づいてるんだ…
この視線をあわせない感じも、距離感も、「舞台裏」がなければちょっとした小説や映画にできそうな素敵なシーンだ。

そして、月夜と桂馬の会話が始まるわけですが、この会話の裏もちゃんと公開されてるというね!
いわく、月夜、桂馬、かのんの三角関係を維持するための会話。

三角形を守る3つの「F」。
名付けて恋のデルタフォース!!


FOLLOW 女の子への素早いフォロー。追いかけて想いをアピール。
「ボクだって頑張れば…いつか完璧に…」
なんて健気な男子高校生だこいつはっ…つい応援したくなるタイプの男主人公じゃぁないか!
FOOLISH 男は愚かであること。あくまで許してもらう立場。
バス内で大コケ(しかもバス急停車のタイミングにあわせてごく自然な感じで)。
でもおもいっきし血がでてる!攻略にはいつも体張ってるなぁ桂馬…
FUKANZENNAKETUMATSU 不完全な結末。結論は避けて関係を維持。
月夜とは最後まで一緒に帰ることなく、途中下車。

…そんな桂馬の健気さに答えるように、月夜はバスの窓から絆創膏を差し出すわけですよ!
なんて可愛いシーンだ…。月夜の顔は見えないのに、可愛さが伝わって来るよ…!!
月夜が桂馬に心許していく過程がたまりません!!!

追いかけるように、月夜に「明日日曜日だけど、天文部にいる?」と尋ねる桂馬。
「は…晴れた夜なら…」!!このシーンは恋愛作品名シーンにはいるぜえええ!!


…ホント、この舞台裏がなければ映画のワンシーンにもなれるだろうに笑。

こういうキャッチーな方法論語るの上手いよね桂馬っ!!(最後が日本語で強引っぽいのも含めてw)
さすがゲーム攻略テキストサイトの管理人やでぇ…
(もちろんPEROさんを思い出しましたよっあの方も独自理論をテンポよく語るのがお上手であった…)


☆ハクアの負けず嫌い発揮
桂馬の帰りを待ちつつバンド練習に参加してるハクア。
徹夜で練習していつものエルシィより上手い状態に仕上げてきてるのはさすがです!!
なんだって一番だよハクアーー。
きっと少しでも桂馬のためにって思って一生懸命練習したんだろうなぁ…

「うんうん、キビキビしてたよ!」がエルシィとハクアの性格の違いを如実に表していますね笑。
で、ハクアが上手すぎたせいでバンド練習が早く終わり、結との下校が赤信号…。
ハクアらしいミスの仕方だなぁ可愛いぞおおおお!!

☆ちひろと歩美と桂馬のびみょーな関係
で、ハクアは結以外の二人、つまりちひろと歩美を引き留めるべく会話をこころみるのですが。
桂馬からちひろへ電話っていう伏線があったんだよなー。

「あ、そーいえば、エリー私に話あるんでしょ?」
「昨日…桂木から電話あったからさ…」
「桂木から?」
「うん。」
「ふうん。」
「あ、じゃあ私 帰るね―――」
「へーい。」


このっこのシーンも…!!(悶絶
あゆみんに至っては、ほんの小さな表情さえ変わらないように見えて。
その変わらなさと、急に帰るってセリフと、ごくごく自然な風なちひろの対応と。
この3人の、小さなぎくしゃくが見てとれるようでホントすごいシーンだ…。
立ち読みの方や、このブログだけ読んでるって方もぜひぜひこのシーンは買ってじっくり読んでいただきたい…!!ちひろ、歩美は桂馬と相手の関係についてすごく気にしてるんだなぁと。

桂馬の同時攻略が露呈する前から、桂馬、ちひろ、歩美、かのんの四角関係がうっすらある感じ。
桂馬はこれを考慮に入れてるのかな。


☆あゆみんが可愛すぎるので死にたくて生きたくて不思議!!
で、あゆみんが教室を出て行った頃。桂馬はやっと校門に到着。
もうこの必死さが笑えると同時にちょっとかわいそうになってきますよねw

そこで結の送り迎えの車を見つけて、車に体当たりしてでも車を止めようとする桂馬!!
君はとことん体張るな!!んで不死身すぎる!!!さすが主人公や…

でも結局ぶつかれなくて、電柱にぶつかっちゃうドジっ子属性まで備えついてる君はホントにもう…涙
こういう、一見冷静で完璧でスマートに見えてドタバタしてるところがあるから愛着わくんだろうなぁ。

「な、なんて非協力的な展開なんだ」
「こいつら、かのんを助ける気あるのか!!」
そりゃ、君が真実を打ち明けてないからでしょーが!!と全ての読者がしたであろうツッコミはおいといて…

わかりますね!?
桂馬が現実に心折れそうになって地べたで這いつくばってる時。
まさに最底辺の時。

現れる天使!!

それがあゆみんだあああああああああああああ!!!!!

あああ、あゆみんかわいすぎるううう!!!!
君は、君はいったい京と何を話してたんああああああ!!
あああああゆみんが持ってる傘になりた(ry

ううう次回のあゆみんと京、桂馬の様子が気になりすぎます!!
早く水曜きてええええ!!!


☆巻末コメント
Q.どんな免許でも手に入れられるとしたら、何の免許が欲しいですか?
A.やっぱあれっス!!あれ!!恋愛免許っス!!!
関連記事

まさに土俵際の男

どんなリアルに振り回されても気迫で立ち上がり
計画をアドリブで修正する男、否、漢・桂木桂馬

>女の子ってわからない・月夜編
 昨日あんな事(口を押さえられてベンチ裏に連れ込まれる)やった相手に優しくなれる心境の変化
 何だかんだで必死さが相手に伝わっているのかな
 それとも女神持ちか好感度維持状態での記憶処理だったのか

>結と一緒に帰れた場合のメリットとデメリット
 メリットは岡本の反応から記憶処理の内容がわかる事と、告白された次の日に一緒に帰る事で好感度上げと日曜の約束を取り付けられる事
 デメリットは告白された次の日に一緒に帰ろうはOKサインと取られかねないリスクと(結果論ですが)歩美との下校イベントは失敗していた事、何よりも後遺症がある状態で結の隣に座る危険性

>ちひろと歩美の関係
 最初にソレが見えたのは結攻略後日談の行動
 次に見えたのが体育祭での行動
 最新の奴は女神攻略1日目の行動
 既に四角関係フラグが立っていた可能性を発見するとはもういのししさんの慧眼に恐れ入ります

>余談
 一週間後の土曜に舞校祭で2B-pencilsがデビュー…なのにエルシィが練習に参加できるのは
 最悪の場合、木曜と金曜の二日間(これはかのんに替え玉時の情報を提供して再入れ替えの時間を考慮しない場合です)な上、アイドル生活中にベースの練習は出来るとは思えない
 どっかで短期合宿でもしないといけませんね、ホントに
[ 2011/01/07 16:56 ] [ 編集 ]

Re: まさに土俵際の男

> どんなリアルに振り回されても気迫で立ち上がり
> 計画をアドリブで修正する男、否、漢・桂木桂馬

ホント今週は彼の根性に頭がさがります…!さすが少年漫画の主人公だっ

> >女の子ってわからない・月夜編
>  昨日あんな事(口を押さえられてベンチ裏に連れ込まれる)やった相手に優しくなれる心境の変化
>  何だかんだで必死さが相手に伝わっているのかな
>  それとも女神持ちか好感度維持状態での記憶処理だったのか

自分に向けられた謎な言動+ちょっと強引に迫る男の子というのは少女漫画ではよく出てくるので、やはり女の子がひきつけられる要素があるのではないかと!(かくいう私も…)
もちろん記憶の関連もあるのでしょうけど。


> >結と一緒に帰れた場合のメリットとデメリット
>  メリットは岡本の反応から記憶処理の内容がわかる事と、告白された次の日に一緒に帰る事で好感度上げと日曜の約束を取り付けられる事
>  デメリットは告白された次の日に一緒に帰ろうはOKサインと取られかねないリスクと(結果論ですが)歩美との下校イベントは失敗していた事、何よりも後遺症がある状態で結の隣に座る危険性
>
>
岡本の反応、そうですね!これで屋敷の人間の記憶がどうなってるかわかる!
確かに一緒に帰ろうって言ったらそういう流れになりそう…wなんせ桂馬がのぼせあがる状態だから笑。
桂馬が結にどんな感じで免疫つくっていくのかも気になります。


>ちひろと歩美の関係
>  最初にソレが見えたのは結攻略後日談の行動
>  次に見えたのが体育祭での行動
>  最新の奴は女神攻略1日目の行動
>  既に四角関係フラグが立っていた可能性を発見するとはもういのししさんの慧眼に恐れ入ります

お褒め頂きありがとうございます!!笑
びみょーに、核心に触れないように会話してる感じがなんとも…


> >余談
>  一週間後の土曜に舞校祭で2B-pencilsがデビュー…なのにエルシィが練習に参加できるのは
>  最悪の場合、木曜と金曜の二日間(これはかのんに替え玉時の情報を提供して再入れ替えの時間を考慮しない場合です)な上、アイドル生活中にベースの練習は出来るとは思えない
>  どっかで短期合宿でもしないといけませんね、ホントに

かなりつめつめの日程ですよね。
はたしてエルシィは文化祭のバンドに間に合うのか…!ハクアが頑張ってできるんだからエルシィだって…エルシィだってきっと…!!
エルシィが戻ってきて、あれ?ベース下手になってる?ってなるメンバーの顔がっ
[ 2011/01/09 05:53 ] [ 編集 ]

あっ! でも

>エルシィが戻ってきて、あれ?ベース下手になってる?ってなるメンバーの顔がっ
 最大3人は事情を知っているから苦笑いになりそうだね
 エルシィの人徳もあって、やっぱりハクアを巻き込んで猛練習コースだと思ってます

 ってしまった!!
 入れ替えしようにも、ヴィンテージの存在があるからアポロを回復させないと危なくて出来ないんだ…そもそも再攻略編の動機が女神回復(によるヒロインの安全確保)だった事を失念してました
 下手したらぶっつけ本番なのか……エルシィ生きろ

>女神回復もそうだけど
 どうやって女神に信用してもらうんだろうか?
 って信用してもらう必要ないんだ、説明しないでかのんのところに連れて行くなり、かのんを彼女達の所に連れて行く(持って行く)なりして、後はディアナに丸投げしておけば説明の手間が省ける…桂馬の目的が「かのん救出」と「他の女神の安全確保」だから出来る最短ルート

>「昨日…桂木から電話あったからさ…」
 どこかで歩美に誤解されるように言ったとか書いていたけど、よくよく見返すと確かにと思った
 まるで桂馬がちひろの電話番号を知っているとか、桂馬から電話をかけてきたとかいっているみたいだ(実際にはそうなんだけど)
 ちひろ視点ではエルシィから電話があったけど出られなくて連絡したらエルシィ不在で桂馬が出てエルシィからの伝言を伝えたなのになあ
 ちひろ、恐ろしい娘!
[ 2011/01/09 09:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/893-ac672417












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。