スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG128感想~脳内饒舌女子高生小説家汐宮栞!!~

※後で画像追加
FLAG128「コラボレーション」
よみましたっ
神のみアニメ再放送みながら更新しております…

月夜、ちひろ、歩美との下校イベントを終えた桂馬は今度は図書館へ…。
閉館した図書館で1人小説を練ってる栞ちゃんですよー。

☆栞が書いてるのはSF小説だ!
とことん80年代趣味だなー!一人称でSF小説を書く女子高生…まさに新井素子だっ!!
(栞攻略編のサブタイトルは全て新井素子作品のタイトルでしたね)
そこが好きです!!神のみ!!
栞小説の挿絵(イメージ)は和田誠さんあたりの絵を意識してるのかな?
ふた昔前くらいのSF文庫本ではこういうタッチの表紙が多かったイメージがあります。
こういうレトロなとこと近未来ぽい校舎とか図書館とかって組み合わせが良いですね。

誰もいないはずの図書館の二階で音をたてて栞を誘導。その間に栞が書いてるらしい小説を読む桂馬。
「…ごめん。」って謝ってるのが好きです。

で、多くの読者の想像を裏切ったであろう栞の小説笑。
私もてっきり時代劇モノでくるのかと思ってた…ww

新米の新聞記者シモーネ・S・リブロ。
思ったことをすぐ口に出してしまうが故、上司に煙たがられて新聞社の図書館に左遷されるという…。
栞とは正反対の性格です笑。

で、そんなシモーネが図書館で出会ったのが元軍医のピエール・カシラギ。
カシラギ「本はいいよ…本は人類の驚異の遺産だ…」
シモーネ「本なんて前時代の遺物よ!!今は新聞だって全部データ転送なんだから…」

カシラギは桂馬がモデルなんだろうけど、桂馬と栞のセリフが逆になってるんですね。
その後の二人のやりとりも、栞攻略の流れとそっくりです。
栞が攻略のことを、結構細部まで覚えているのは確かなようですが…。

肝心の「勇気あげるよ」のキスが、書かれていないと。

そのかわり、カシラギは唐突に戦死しまいます笑。
不意打ちで笑いましたw
唐突すぎるwww桂馬と一緒に突っ込みましたよ!!
「心はまったく全然痛まなかった。大した男じゃなかったのだ!!」
投げっぱなしすぎるwww確かに怒りすら感じるような笑。

これがかのんとの噂の影響とすると…やっぱり桂馬のこと覚えてるんじゃないかなぁ。

勝手に小説読まれたのに怒って本を取り上げる栞ですが…何も言えないのが可愛すぎるw
コマをかさねて動きを表現するのが好きだ。

☆ノートの中での、ふたりのやりとりコラボレーション!!
「最後、ちょっと書き足しちゃった…」
の桂馬がなんだかカシラギに見えました…!!

防弾チョッキ着てたから生き返った!と書き足した桂馬に、さらにノート上で反論する桂馬!!
ノートの上でのやりとりって学生ぽくてあまあまでいいなー!!!大好き!!!
でも、少女漫画チックなドリームにならないのは、やはりこの80年代風絵とコメディなノリがなせる技でしょうね。このバランスが神のみだわーー!と!!

ムキになってカシラギを亡き人にし、心は痛まなかった、とする栞。
カシラギを無理やりよみがえらす桂馬。

「どーして生き返ってくるの!?」
「私、あなたに会いたくないの」
「それにカシラギはもっと無口なの!!」
「それに、私はこれから星雲合成ねぎらーめんの取材に…」
ネギラーメンってwwwどんなネーミングセンスだww

で、次の桂馬のひとこと、
「怒らないで、シモーネ。」
からリアルなビジュアルになるのがもう…!!シモーネが栞に、カシラギが桂馬にって感じで…!!
小説とリアルがまざってくる感覚がなんとも言えませんっ!!!

つづく。
で終わらせたのも。まだ攻略も栞の物語も終わってないよというのを示すようで素敵だー。

最後、地味に桂馬の単語間違いを訂正してるあたり、栞ちゃんは自分がつくった世界観に愛とこだわりがあるんだろうなと思いましたよ笑。

短いですがこのへんでー。

☆巻末コメント
Q.どんなペットでも飼える環境であれば、何を飼いたいですか?
A.象。

おもいっきしゲーム機踏みつぶされそう…
関連記事

僕も読みました!

 全体に向けてのコメントは初めてになります!黄色い旅人といいます!よろしくです!

 僕も読みましたよ!桂馬は栞とどうやってコンタクトをとるのかなぁ・・・と思っていたところのまさかの小説を作りながらの会話・・・というところに笑ったしわくわくしました!

 ネギラーメンwwwいろいろとツッコミどころが楽しいですねwww

[ 2011/02/01 22:35 ] [ 編集 ]

あの小説の想像絵については先生がブログで「僕の趣味で真鍋博風の変換になっております。」って書いてましたよ。いうまでもなく星新一の影響ですねw
最後だけリアルなビジュアルでかっこよくなるのは憎い演出でした。あれはシモーネでも殺せないよなぁ・・・
[ 2011/02/01 22:42 ] [ 編集 ]

スミレ編の特製ドン骨ネギラーメンと言い、
八音数+ネギラーメンは先生の好みなんですかね(笑)
[ 2011/02/01 23:17 ] [ 編集 ]

遅くなりました…!

うおースミマセン!今更ながらお返事です…
3月からは週3更新めざしたい…

>黄色い旅人さん
ありがとうございますー!これからもぜひぜひコメントよろしくです!!
小説つくりながらの会話は楽しかったですね。いかにも文系っぽい感じが好きです。ネギラーメンといい、どっかズレてるセンスが可愛いですw

>viperさん
ブログ読みました~そっちか!>真鍋博
どちらの作家さんも星新一の文庫挿絵やってましたねぇ…最後の演出素敵でしたね!最近ここぞというときの桂馬をすごくカッコよく描いてる気がします若木先生。

>シクスティさん
八音数+ネギラーメン…その発想はなかった!!
言葉のリズム的に好きなのかなぁ…笑
[ 2011/02/11 16:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/897-65823df7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。