神のみぞ知るセカイFLAG133感想~女神、ウルヌカス登場!~

一週遅れですね…
FLAG133「Canon doll」

よみましたっ
ウルヌカス、かなり派手な登場ですね。
アポロの警告とはなんだったのか…
と思ったけど、月夜を想うあまり危険を冒して桂馬に接触したのかな、ウルヌカスは。
もしくは、「目も弱い、耳も遠い、歩けない」なのでアポロの警告自体に気付いていない可能性もあるのう。

月夜、ルナ(ウルヌカス)、桂馬、ハクア、ノーラ、さらに二階堂先生も絡んできて、月夜再攻略も盛り上がってきましたね。もちろん、かのんの状態も木になるわけですが…

■桂馬の家のかのんの身に起きた異変。一体なにが…!?
かのんの抵抗力が落ちて大変なことに!
「この娘の生死は…新地獄の運命を決める…!!」
かのんが死んでディアナが消滅してしまったらヴィンテージの目的「旧地獄復活」に一歩近づいてしまうわけで…。新地獄としては女神を復活させて勢力を盛り返したいところ。

図書館では桂馬がルナの本棚攻めにあっています。
正義と精緻を愛する女神、ウルヌカスはルナに入っているのではなく、「モノに魂を吹き込める」らしいです。だから頭の上のわっかがなかったんですね。月夜LOVEなこの状況はまさにルナに魂が宿った上体といえるでしょう。

余談ですが正義と精緻を愛する女神~でマギの厳格と礼節の精霊アモンや悲哀と隔絶の精霊ヴィネアを思い出しましたー神のみもファンタジーの一種だな。

ウルヌカスは自分の正体を自ら明かしますが、彼女は桂馬を(不貞不潔の危ない)一般人と思っているようで。桂馬の目的は月夜を再攻略して、愛の力で女神ウルヌカスを復活させることですからまだ一般人を演じないといけない。

これだけすごい攻撃できるんなら、力もかなり回復してるんじゃないかと思ってたんですが、ウルヌカスはあくまでルナに魂を吹き込んだだけで、このルナの力がものすごく強いのはルナ⇔月夜の愛ゆえ、と思ったりします。ウルヌカスが完全に復活したらどんだけ強いんでしょう。

今のかのんのやばい状況とあわせて、やはりディアナとウルヌカスの二人の女神でまずはかのんアポロを回復させるのかなと…。

栞からもらった手紙をめぐるやりとりは楽しいですねw
投げ捨てると見せかけて別のものを投げる。
桂馬やるな笑。そして律儀に反応するルナかわいい。

「図書館はちゃんと片づけろよーーー!!本は大切にしろーー!!」
このセリフもウルヌカスの生真面目っぷりを意識してでしょうか。
桂馬かしこいなホントに!土壇場での機転がすばらしいよ。

ルナに攻撃されないように月夜のもとへ行くため桂馬がとった行動は、偶然校内にいた二階堂先生を頼ること。長瀬先生攻略改で使った例の媚売りモードが再び発動w
無関係な人間には手を出せないのでルナは桂馬を攻撃できない…。まだ誰も二階堂先生が地獄と関わってることは知らないんだよなぁ。

二階堂先生とともに天文部まできた桂馬は月夜の姿がないのを確認して急いで屋上へ。
すっかり媚売りモードもOFFってます…笑 怪しすぎるよ桂馬!!

二階堂先生も女神に関しては独自に情報収集してそうだなぁ。
月夜再攻略には絡んでくるんでしょうか。

屋上にはウルヌカスの本体が。

屋上でもマフラーで首吊りさせられたり散々な桂馬ですが、なんとか月夜自身と話す機会が。

月夜は桂馬との出来事を全部覚えているわけで…
しかもウルヌカスを通して他の女の子に桂馬が手を出しまくってることも知っているわけで…
あれだけドラマチックな恋愛しておいて、今は見向きもされてないって辛すぎるだろ…!!

「あなたなんて知らない、大キライ!!」
が胸に痛いよ…
でもこのシーンの月夜めっちゃかわいいです。
ルナをぎゅっと抱きかかえてる感じがっ

桂馬は今後どうきりぬけるんでしょうか。
再攻略が成功しても、実は女神復活のためでしたっていうネタばらしが来たとき、また双方にダメージが及ぶよね。そう考えるとつらいな…でも桂馬なら!桂馬ならなんとかしてくれるはずだ!!

■最悪の3股男に…逆転の目はあるか!?
実際には3股どころじゃないですけどねっ

☆巻末コメント
Q.最近「ラッキー」と思った体験を教えてください。
A.録画予約忘れたと思ってためちゃイケが録れてた。レコーダー偉い。
関連記事

そういえば、ディアナ以外は女神センサーの存在を知らなかったな

 何時ぞや言った「記憶があるのなら僕が地獄の関係者だとわかる筈」ってかのんの件で実は気づいてない可能性に気がついた……だからこそ再攻略なんて裏技が使えるんですが

>ウルカヌス
 アポロの時に分かったことの一つに「宿主の愛情がかなり具体的にわかる」ってのがありましたね
 つまり月夜がどれだけ桂馬のことを想っているのか、ウルカヌスは痛いぐらいわかっていたんだろうな
 ようやく会いに来てくれた桂馬への嬉しさ(だからこそ月観測に来る事をOKした)とかも…うん怒りたい気持ちがわかる

 能力を見るとモノに魂を吹きこんで操る事が出来るみたいですね…本棚とか本もそうやって操っていたのか
 明らかにルナというよりもウルカヌスの人格が出てた気がしますけどね
 でもこの能力って女神センサー殺しだよな、田舎編を見ると本体にしかセンサーって反応しないみたいだし…女神センサーが駆け魂センサーの改造品じゃその欠点も継承してそうだ

>月夜
 怒っているけど、ウルカヌスの力の強さが桂馬への想いを物語っている…ついでに表情も
 文字通り全力で突貫するしか方法はなさそうだ…ウルカヌスは3股男なんて少し痛めつければ逃げるに決まってるって考えてそうだし
[ 2011/03/01 16:59 ] [ 編集 ]

Re: そういえば、ディアナ以外は女神センサーの存在を知らなかったな

>  何時ぞや言った「記憶があるのなら僕が地獄の関係者だとわかる筈」ってかのんの件で実は気づいてない可能性に気がついた……だからこそ再攻略なんて裏技が使えるんですが
だからこその再攻略ですよね。設定の残し方というか、各キャラが知っている事実の取捨選択がものすごく上手いなあと思います。


>  アポロの時に分かったことの一つに「宿主の愛情がかなり具体的にわかる」ってのがありましたね
>  つまり月夜がどれだけ桂馬のことを想っているのか、ウルカヌスは痛いぐらいわかっていたんだろうな
>  ようやく会いに来てくれた桂馬への嬉しさ(だからこそ月観測に来る事をOKした)とかも…うん怒りたい気持ちがわかる

今読み返すと、月観測にくることOKした月夜のシーンがますますかわいいです…!!

>  でもこの能力って女神センサー殺しだよな、田舎編を見ると本体にしかセンサーって反応しないみたいだし…女神センサーが駆け魂センサーの改造品じゃその欠点も継承してそうだ
ああ確かに!>欠点継承
ウルカヌスがヴィンテージの存在をしったら逃げるにしても戦うにしても対抗策はいろいろ出てきそうだなぁ


>  怒っているけど、ウルカヌスの力の強さが桂馬への想いを物語っている…ついでに表情も
やはり女神の力は月夜→桂馬への愛の力直結なんでしょうね。

>  文字通り全力で突貫するしか方法はなさそうだ…ウルカヌスは3股男なんて少し痛めつければ逃げるに決まってるって考えてそうだし
まさか屋上まで追ってくるとはおもってなかったでしょうねぇ…
ウルカヌスも桂馬に対する認識をいずれあらためるんだろうな
[ 2011/03/04 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/909-f557fe1d