スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG135感想~「運命」の意味、ファンタジーと日常の境目~

FLAG135「Mission in complete」

よみましたっ
(いろいろあって更新遅れました…水曜日にはアップできるようにしたいんだけど…)
サンデー公式HPでは木曜日発売になっていましたが、うちでは水曜日に普通に買えました。
はやく平和にサンデーが読めるようになりますように…

今週の神のみ、いろいろ思うところがあるんですが、うまく言葉にできないんですよね。
漠然とした不安と期待が…。
そして私が不安したり期待したりするのは桂馬に関することがほとんどです…笑。


■ハクア達が突然の窮地に!
フィオーレの怪しい力によって、自分の形をした人形に拘束されるハクアとノーラ。
ノーラも言ってるけど自分に襲われるなんて精神的にまいりそうだなぁ…
「もうひとりの自分と対話する」というシーンは漫画やアニメなんかでよく見る(気がする)けど、これはそういう意図はないんだろうか。

と考えていたら、ノーラさんが
「私の羽衣で心を見たら何も映らなかった…何かへんな術かけられてんじゃない!?」
なるほど、フィオーレ自身が力を持っているというより、正統悪魔社の術にかけられている、ということなのか。
14ページのフィオーレも、急に我に帰ったように見えるし。

そうだとすると、ハクアやノーラの形をした人形も、他人を介して力を引き出す術の一種なのかもしれないなぁ。


☆桂馬にとっての「運命」
桂馬のパートに移って、最初のセリフ。
「ボクらが出会ったのは……運命なんだよ!!」
このセリフはもちろん月夜に向けられたものですが、月夜編のオープニングも「運命なんてないと思っていた」桂馬が運命の人よっきゅんと出会うシーンから始まります。

だからこそ今回の運命なんだよ!について考えてしまう…
いや、全くの偶然かもしれないんですがね!

「愛してる」とか「好きだ」じゃないんですよね。「運命なんだよ!!」
おそらく、これは桂馬の本心からの言葉なんじゃないかなと思います。
桂馬は月夜を救う運命にあるし、月夜は桂馬に救われる運命にある。

でも、今の時点では月夜の理解している「運命」(恋愛的なモノ)と桂馬が理解している 「運命」は別のものであるっていうのは明確で。それを桂馬は理解しているからこそ「運命」って言葉を使ったのかなと。

桂馬はある意味、目的のためには女の子を平気で騙す悪役的ポジションで、だけどその目的はあまりに少年誌的ヒーローなのです。その矛盾が面白いところであり、またもどかしいところでもある。

だから、GRGRさんが言っていたように、月夜と桂馬が(もちろん他の女神つきの女の子たちも同様に)「運命」の意味を共有できたときに新しい面白さが生まれるんじゃないかなぁと思います。

そして桂馬の「キスすればどんな状況でも解決する」「ボクには結局キスしかない」…うん、やっぱりウソは言ってないんだよなぁこの人は笑。

キスを迫る桂馬がマカロニほうれん荘とかパタリロとかの80年代ギャグぽくて神のみらしいなぁと和みます!!
…あ、マカロニは70年代後半か…

そんな桂馬の本気は
「ボクは死んだって……月夜を守るよ…!!」
に集約されている気がします。やっぱり、桂馬はウソは言ってないよ!!

ボコボコにされ失神した桂馬の前で、月夜はルナ(ウルカヌス)に「ルナの姉妹のこと話してみない?」と提案します。ルナは結構月夜に話をしているんだなぁ。月夜LOVEっぷりもうかがえるし笑。

月夜は、桂馬の「ボクを好きでいてくれ」に返事をするように、桂馬の頬にキスをします。
急に苦しみだした月夜の背中には羽が!!
柱の言葉のとおり、これは女神が復活した、ということなんでしょうね。

☆女神=翼が示すものは…
何より翼で思い出すのは三巻表紙の翼を背負った桂馬ですよね…。桂馬はやはり地獄/天界と何らかの関わりがあるんでしょうか。アルバトロス的設定を思い浮かべてしまうけど桂馬にはただの人間でいて欲しいです…

参考:神のみぞ知るセカイの単行本表紙がすごすぎる件
これ、翼の詳細が分かったら最新刊まで含めて考えてみたいですね。

女神復活→翼にはビックリしました。
神のみはラブコメである、という認識だったので女の子との恋愛パートで如何にもファンタジーなアイコンがでてくると…って、これは今更ですね。

それでも「人間の背中に翼」に抵抗があるのは、翼を背負った女の子という画が死ぬほど嫌い(うろ覚え)とフリートークページで言っていた某漫画家さんの影響かもしれません…好きな漫画家さんのフリートークに影響されやすいです笑。

何より翼で思い出すのは三巻表紙の翼を背負った桂馬ですよね…。桂馬はやはり地獄/天界と何らかの関わりがあるんでしょうか。

アルバトロス的設定を思い浮かべてしまうけど、私は桂馬にはただの人間でいて欲しいです…


☆桂馬の異質性と、人間性と、それを受け入れる読者たちと
しかし、神のみのキャラや世界観をみていると、一番異質な存在が桂馬であるのは間違いないんですよね。
桂馬がいなくなっても、おそらく他のキャラの日常はなりたつ。
むしろ、異質であるはずのエルシィやハクアが日常になじんでいる。

だけど神のみを通して読んでいると、桂馬は人間離れしているようにみえて、もともと桂木家の一員として日常を送っていたのが分かる。更にエルシィが来てからは、桂馬が今まで省みていなかった「学校生活」に引き込まれていっているのが分かる。やっぱり、桂馬は人間だよなぁと思ってしまうんです。

設定的に、もし桂馬が人間じゃかったら猿野天国(Mr.FULLSWING通称ミスフル)の大前提だとおもっていた設定が崩れた時くらいのショックを受ける気がする私…

んでも、桂馬が最終的に学校生活、そして桂木家の一員としての日常に戻れたらそれはそれで納得するんだろうな、今私がミスフルを受け入れてるみたいに…

というわけで、物語的には大きく動いているんですが、何かもやもやしたものが内にあります。
来週たのしみ1!


☆巻末コメント
Q.漫画家になる前となった後で、1番変わったことはなんですか?
A.収入源。

切実すぎて吹いたw
関連記事

>月夜編のオープニング

 ああ、攻略編に立ち返るという発想が私にはありませんでしたorz
 しかし今になって考えると、あの時二階堂先生が「外でやってろ」と桂馬を叩きだした事も
 意図してやった事なのかもしれないと思えてきました(笑)

>日常

 自分もしばしば神のみぞ知るセカイの「日常」について考えます。
 (エルシィが来るより前のセカイを「日常」と定義して、ですが)

 確かに“地獄”から来た“悪魔”に“駆け魂”を出すよう頼まれるというのは非日常的体験です。
 
 しかしながら、ハクアを含む女子達が抱えていたもの・桂馬がそれに対して行ったことが
 「非日常」であったか、と問いかけた時に自分はわだかまりを感じました。

 女子達が自分の抱えるものと向き合う必要に迫られる。
 「非日常」が関与するのはここまでではないでしょうか。
 (最近はその非日常に行動を縛られるきらいがありますが)
 
 暴論とも言われそうですが、地獄のことも女神のことも(というか現実全てが)
 ―桂馬がそれを「世界の設定」として認識する限り―
 日常という枠の中に組み込まれている気さえします。

 …長々と書き晒しといて何ですが特に結論は無いんです(え)

>巻末コメント
 最初は「収入」と思いましたが、よく見ると「収入源」でした。
 でも若木先生って漫画家になる前って仕事・・・
[ 2011/03/20 22:45 ] [ 編集 ]

神のみの感想とは全く無関係な話で恐縮ですが

神のみの感想とは全く無関係な話で恐縮ですが、ミスフル読んだこと無いので、猿野天国の大前提がどのようなことなのかお教えいただけたら幸いです。
[ 2011/03/21 09:32 ] [ 編集 ]

もういのしし

>シクスティさん
攻略編読み返すと細かいところまで疑ってしまいますよね笑。
―桂馬がそれを「世界の設定」として認識する限り―
 日常という枠の中に組み込まれている気さえします

神のみの物語は桂馬の認識によって広がって来るんでしょうね。学園モノでラブコメでキャラクターの成長物語って部分が脅かされそうになると不安になる私です…w

>ぽんぱどうるさん
スミマセン、最近ミスフル読み返して10周年記念レビュー用意しているのでついつい話題に出してしまいます…汗

猿野くん(ミスフル主人公)は元々

「好きな女の子をことごとくスポーツマンにとられてきたため高校球児を憎んでいるが、一目ぼれした女の子(野球部女マネ)を甲子園に連れていくために野球部に入った野球ど素人パワーバカ」

で、ど素人が好きな子への想いを原動力に絶望的な状況でも必死に野球に取り組んでいき、やがて野球そのものが好きになり、野球部という居場所ができる…という物語だと認識していたのですが、連載の終盤で「高校球児を憎む理由」と「野球ど素人」という設定が覆される新たな展開があって個人的には非常にショックを受けました。

野球ど素人だけど好きな女の子のために頑張ったら奇跡でもなんでも起こせる!そして奇跡の根拠は本人の努力以外なにものもない…と思っていたのですが、奇跡の根拠が努力とは別なところにもあったことを、最後の最後まで読者に隠していた、というか…
(ネタバレを避けると表現が難しいですね汗)
[ 2011/03/21 12:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/21 23:05 ] [ 編集 ]

正直なところ、今の展開だと日常ENDなんておろか、桂馬自己犠牲ENDも十分ありえるような気がしてならないw
結界師のお母さんみたいに「ボクが・・・駆け魂を封印するよ・・・」とか言い出しかねん
[ 2011/04/02 09:51 ] [ 編集 ]

>めそンさん
今の桂馬の女神救出への献身っぷりはすさまじいですもんね…
でも彼は自分の平穏を取り戻すために戦っていると!信じたいです涙
[ 2011/04/02 11:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/919-82910141












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。