スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG136感想~桂馬の知略が冴えわたる!~

FLAG136「代理戦争」

よみましたっ
ぐぬぬ一週間遅れです…
とりあえず感想も簡易版ですスミマセン


わざわざハクアとノーラの姿をした人形に親分きどりのフィオーレかわいすぎる笑
位置の上下を気にしてるノーラさんも好きです修羅場でもどこかコメディなこの漫画が好きだ。

フィオーレさんのあだなセンス素敵すぎますね!!パイのみと鉛筆は生涯忘れることないでしょう…
この子は学校の生徒だった時もこんなこと考えていたんだろうか笑。
この一週間悪魔たちの学校生活妄想がとまりませんでした!
表向き控えめで大人しそうなフィオーレさんが脳内でクラスメートのあだな考えてて傑作を思いつくと1人ニヤニヤしてるとかなんという私得…!!

ピンチな状況に桂馬も帰ってきてますますグタグタ、フィオーレさんも調子にのっていろいろしゃべりまくるしで…なカオスな状況もすべて桂馬の計画どおり!だったわけで、ホントに神にーさまの冷静さと判断の的確さに少年漫画らしいカタルシスを感じますね!!ここまで「うっかり者」を演出できるってのはすごいよなぁ。
事情をしらなかったウルカヌスへの説明にもなっていて構成が美しすぎるいつものことながら!!

フィオーレさんが語ったところによるとヴィンテ―ジの目的はやはり旧地獄復活。
駆け魂隊の真の目的は女神拘束にある。(拘束の目的ははっきりせず)

新地獄の上層部は、女神に対して何か動いてる感じですね。駆け魂隊には上層部の思惑は伝わっていないと。
ウルカヌスとディアナの再会、かのん救出が終わったら新地獄旧地獄、そして二階堂先生や灯の思惑も見えてくるのかしら…。


フィオーレさんいいなぁ。
この子は真面目すぎるんだろうなぁ。「何が正しいか」をつきつめた結果を他人に理解されなくてヴィンテージにいったと。初期からずっと言われているけど新地獄と旧地獄どっちが正義か、なんてわからないものね…

さて今から今週のサンデー買ってきます。

☆巻末コメント
Q.学生の頃好きだった教科は何ですか?
A.落書きしてても許してくれる先生の教科が好きでした。


教えていて対処に困る生徒その1ですね笑>授業中遊んでいるように見えて成績は良い



関連記事

コミックス入手しました

読みましたっ。(一回言ってみたかったんですすみません)

女神攻略編に入って以降、デスノートかというくらい早い展開で目が離せません。
月夜への(偽?)告白、桂馬自身に対しても嘘にならない言葉を使うことで演技抜きの誠実さを出した辺り、読み返しては上手いなと唸らされます。
あと現実派のノーラさんが活躍でしたね。ビンに拘留されてからも文句を言うだけになってるハクアに対し、毒舌がちゃんと相手に刺さってるあたりがさすがです。

しかしこの巻の桂馬はGS美神・極楽大作戦の横島君に見えて仕方なかったです(笑)。特にあの「モゲーン」の辺り。実際に擬音の元ネタだったかも?
[ 2011/09/29 14:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/920-fd1ab6b7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。