スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年サンデー18号&19号感想

☆サンデーつまらないって誰がいったんだよおおおおお!!!

せめて金曜日にはあげたかったよ…というサンデー感想です。
明日サンデー発売日だというのに…ぐぬぬ


今週のサンデー


今週のサンデー


少年サンデー編集部
(C)Shogakukan 2009


19号のサンデーは、表紙&巻頭カラーで超巨弾新連載『銀の匙 Silver Spoon』が登場! メガヒット作品『鋼の錬金術師』の荒川弘先生が描くのは、北海道の農業学校を舞台とした学園モノ。汗と涙と土にまみれた物語が、今始業!! センターカラーは、超本格サッカーロマン『BE BLUES!』!! 優人をかばって重傷を負った龍…夢はついえてしまうのか!? 新連載第3回の『おすもじっ!』はマグロ編前編! さらに、『名探偵コナン 劇場版&ドラマ特報』、『蔵出しアイドル図書カードプレゼント』と充実内容でお届け!!


posted with EmbedSunday on 2011-04-09





満を持して始まった荒川弘先生の新連載!!
結界師の最終回!!
BE BLUES!の素晴らしすぎる心情描写!!
武勇伝の武くんの恋愛ボケっぷり!!
マギのギャグとキャラとストーリー展開のよさ!!
ARAGOのかっこよさがやばい!!
そんな感じで、先週かけなかった分もまとめて書いておこうと思います。

☆銀の匙 Silver Spoon 第1話/春の巻①
サンデー以外の漫画にかなり疎い私が初めて荒川弘先生を意識したのは「いでじゅう!」と「こわしや我聞」の巻末おまけでした…
その後荒川先生が久米田康治先生と対談したことでうひょー!!となり、鋼の錬金術師読んだらまぁ面白いこと面白いこと…!!というわけで個人的にはサンデーで連載してほしい作家さんの1人でした。

(当時のサンデーで読みたい作家さんリスト:和月伸宏先生、鈴木央先生、鈴木信也先生、荒川弘先生。央先生と荒川先生は実現したので他のお二人もですね…ごにょごにょ)

ガンガンの看板だったし、いくらサンデーと付き合いがあっても移籍はないだろうなぁ…と思っていたのですがまさかのサンデー本誌連載ですよ!!やってもガンガンとサンデーGXまたはゲッサン掛け持ちだろうと思ってたよ…!!!

銀の匙は青春コメディ、しかも北海道出身&実家が酪農な先生ならではの農業高校モノ!!
学園モノ、かつ題材が地味というかスキマ産業的なのがいかにもサンデーで胸が高鳴ります!!

学園モノお決まりの新学年自己紹介シーンも普通科とは全然違う。みんな具体的な目的を持って入学しているのでいわゆる「ゆとり」な無気力さや能天気さとは無縁です。ま、まぶしいっ…!

そんな主人公の八軒くんは酪農科の新入生ですが、夢や目標もなく…ただ「家に帰らなくていいから」という理由で入学したようです。おおっ暗い背景がありそうなのは主人公っぽいな…!!コメディだけではなく、家族や動物や社会に関する暗い面も作品にあらわれそうです。

唯一周りに勝てると思っていた勉強も、一般的な教科はともかく専門的な知識はかなりのものでびびる八軒くん…

そんな周りと主人公のギャップを見せつつ、ちゃんと主人公の特徴を強調しすぎずさらりと描いているのが好きです。野球部の駒場くん曰く「人にかまって損をするタイプ」。インテリでプライド高そうに見えて頼られたり自分が気になったりすると、とことん付き合ってしまう。そんな八軒くんの性格を的確に捉えているクラスメイトの視点、そして「酪農科」という異世界を一般人の目線からみる八軒くんの視点、両方が楽しめそうです。

部活動、しかも運動部入部必須ということで部活モノっぽい描写もあるのかなぁ。楽しみです!

いろいろ書いたけどあれですね、孤高に見えて実は世話焼きメガネ男子万歳ってことです!!


☆結界師 最終話終章
おわっちゃった…!!おわっちゃったよ…!!
田辺イエロウ先生、お疲れさまでした。
結界術、という少年誌にしてはいささか地味で、でも実用的な術を武器に夜の学校を舞台に妖怪退治というシチュエーション!!そして年上の幼馴染を守りたい強くなりたいと願う男の子ととかどんだけ私好みなんだよ!!と連載開始からわくわくしっぱなしでした。単行本1巻は人に貸しまくってなくなっちゃって二回ほど買いなおしたなぁ…。「腐女子は男キャラのトラウマ話と不幸な生い立ちが好き」を地でいってる私は夜行、とくに志々尾限くんが好きで好きで、ねえ…涙。良守がつくった限と良守の幸せそうな笑顔にはそりゃもう涙が止まりませんでしたよ…!!

それに加えて、先週の守美子さんの言葉。良守は主人公です、でも完璧じゃない。
主人公でも救えない人はいるし、主人公が起こせない奇跡もある。
良守は強いです。力も持ってるし、覚悟もある。だけど、すべてを守ることはできなかった。
このラストは賛否両論あるでしょうけど、非常に結界師らしいラストだったなと私は思います。
蒼士の最高の笑顔と、時音と良守とのラブラブっぷりがそれを物語っている!!

結界師としての良守、時音の結界師としての物語はほぼ終わりを迎えて。正守と七郎の物語はこれから始まりって感じですね…!あわよくば番外編を…スピンオフを…見てみたいっ

☆BE BLUES!~青になれ~ 第11節 大切な友達
先週の感想→好きな人が犠牲になるとき…どんな顔でページめくればいいの…(週刊少年サンデー18号感想)
サンデー19号、東京からの帰りの新幹線で読んだんですが…
新幹線の中でBe Blues読んで号泣していたのは私です…龍ちゃん…君ほど出来た男の子を私は知らないですホントに…完璧すぎるよ龍ちゃん…うっうっうっ

1ページ目の優希の恐怖、優人と龍ちゃんの絶望的な対比。
病院で機械と包帯で取り囲まれた痛々しい、もはや原型がわからない龍ちゃんの姿…
両親の後悔…

でも、何といっても、その後龍ちゃんが初めて発する言葉ですよね。
「全国…オレ…出らんなくなっちまったなあ…」
「監督…ごめん…みんなごめん…立彦ごめん…チームを頼む…」

それを…笑顔で言える龍ちゃんは完璧だよホントに…!!

更にだよ?
「あそこで優人を助けられなかったら…オレ一生後悔してた。」
「よかった…オレ…一番大切な友達を守れたんだ…」

ですよ?

あんなになってまで…助けられてよかったって…
友達だって…
全国大会出れなくてごめんって…
友達にも親にも弱音はかないで…
お母さんが帰るまで落ち込んだ顔すら見せないで…


独りになって初めて泣く龍ちゃんは…ヒーローすぎるよ!!
なんでこんな小学生が…
かっこよすぎる!!
そんで…あまりにも荷が思い…

彼はきっともう一度サッカーをするために立ち上がるんでしょう。
涙を人に見せようとしないまま。そうやって内に抱え込んじゃう龍ちゃんが、心配です…

逃げてしまう優人の気持ちのほうが、きっと私に近い。優人もまた龍ちゃんの存在を強く意識して生きて行かざるを得ないわけで…。直接会えなかったけど、優人は龍ちゃんの「一番大切な友達を守れた」という言葉をしっかり聞いたわけで。これからの三人の行方が気になります。


☆BUYUDEN武勇伝 第3話:もしかして/第4話:はじめての!
BB、結界師と涙腺崩壊シーンが続き心が折れそうになっている私に純粋なるキャラ萌えで私を床にローリングさせる物語、それが武勇伝ですっ!!!

もうね、最近武くんが好きすぎて好きすぎてね…!!
ここまでムカつく主人公もいないだろう!!というまでにプライド高い完璧美少年で妙に冷めてて現実的で…
そんなヤツが自分をへとも思っていない女の子に惚れて全然相手にされなくて振り回される様はもう…!!

生意気でムカつくキャラが馬鹿な一面を覗かせるのに身もだえします!!いいぞもってやれ!!

特に4話の萌花へ強くアプローチ出来ない自分を冷静に分析している武くんと、必死に萌花に近づく手段考えたり水着に動揺したりフィギアつくっちゃったりするアホさ必死さのギャップはすごい破壊力だな!!どんな萌えキャラだよ君は!!ボクシングしてる時の顔がまた無駄にイケメンでムカつきます笑。

萌花にはとことん彼を突き放しでほしいですねっ


☆マギ 第87夜「王子と皇子」/第88夜「サガンへの船旅」
紅玉とアラジンかわいいいwww
これがあの死闘を繰り広げた二人なのかと思うと笑えてきます。
18号の白龍の正々堂々とした立ち振る舞いとアリババのバルバッド編を通して成長した姿。
二人ともカッコいいです。そして19号で見えた白龍の主夫スキル…!!うわああんはやく白暎との再会が見たいです…!!
ピスティ、18歳だったのか!!やはり服の真ん中から見えてるのは胸だったのかあ…なんてえろい格好を君は…
5ページのアリババをいじるピスティのおねいさんっぷりに萌える…
そしてその直後のアラジンとのやりとり笑。大高先生のギャグパートめちゃくちゃ好きだわ…!

君のよく知る人物、先住民、ダンジョン攻略のしくみ、白龍が妥当煌帝国を胸に秘める理由、ジュダルのこと…様々な設定や伏線が出てきているんですがギャグとキャラの絡みですんなり読めてしまうのがすごい!

最近インターネット上における二次創作的にもマギがフィーバーしつつあるようですが(3月中旬から爆発的に増えた)個人的にはジュダルと紅玉姫がもっともっとみたいです…!二人ともシンドバッドを特別視してる感じがいいよね。恋愛には到らない絶妙な距離感でふたりでわちゃわちゃしてればいいよ!夏黄文も含めてね!
(自分で書けって感じですね)

☆ARAGO 第62話絶望の胎動/第63話大地の敵
62話冒頭のアラゴのカッコよさといったら…!!
「オレがいつもこうして帰ってこれるとは限らねぇだろ?」
刑事さん…無事パッチマンとの決戦を終えて帰ってきて…!!私はまだまだロンドンが舞台のポリスアクションが見たいんだ!!そしてユアンとアラゴの双子が互いに笑える日を待ってるよ…涙!!

しかしまぁ…四騎士の過去話の駆け足っぷり&最近の掲載位置から見るにパッチマンとの決戦が終わったら連載が終わりそうな気がひしひしと…いやああああ終わらないで!!もっとオカルト×ポリスアクションなお話をくださいいい!!

なんせ新井先生の絵が好きです。キャラが好きです。お話が好きです。
まだ悲観するのは早いっ…アンケート全力でいれましょうよARAGO好きの皆さま…

↓アンケ
http://websunday.net/kensho/
最近毎週ハガキとウェブ両方だしてる気がするんだけどこれっていいのかな…

あ、来週は最ストの感想も書きたいなー。
関連記事

結界師は、ラスト手前で新キャラ(眺めるもの)出てきましたし、続編がありそうな予感。
とりあえず一言総括として、「少年漫画だけど、死んだ奴が生き返ったりしなかったこと」が私の中では高評価です。
惜しい人を亡くした感が凄かったですけど。
[ 2011/04/13 05:14 ] [ 編集 ]

返信遅くなりましたスミマセンorz

>ぽんぱどうるさん
そうそう!眺めるものが何者なのかはまだ分かってないですよね。やはり続編あるんですかねー。
まさかの魔王JRパターン…!?(サンデー→ゲッサン)

>惜しい人をなくした
ホントそんな感じですよ…
でも守美子さんなら、こういう選択しかしないだろうなぁと読み返しながらおもってしまいました。
[ 2011/04/16 02:05 ] [ 編集 ]

お初ですが書き込ませていただきます

BBも銀の匙も確かに面白いっすよねー
BBは主人公の器の大きさに驚きを隠せません
本当に消防かよ・・・。
銀の匙は昔のサンデーらしい作品で純粋に面白いですね。
今後が期待されます。

実は、この2作品はコミックナタリーの記事で担当が一緒だということが判明しましたが
なんと「改蔵」「ハヤテ」などを立ち上げた坪内崇氏でした
荒川先生がサンデーに来たこと自体驚きですが、それをやったのが石橋さんじゃなくて坪内さんということにも驚きました

なんかすごいタッグですな・・・。
最近坪内さん、本当に頑張ってますねー
近々マガジンとサンデーのコラボで絶望先生をサンデーに掲載するとかいろいろあるそうですが
これも嘗ての担当だった坪内さんと鳥光副編集長あたりが、マガジンの三浦副編集長あたりと協議して出来た結果なのでしょうか?
なんだか、次も面白くなりそうです
[ 2011/04/18 17:09 ] [ 編集 ]

>おもしろい名無しさん
初めまして!
サンデーの話ならなんでも大歓迎ですっ!!
 
>ほんとに消防かよ
この一言につきますよね。うう、ここまで出来る子だからこそ、悲惨な出来事も乗り越えられる…!からこんな展開になったのかなぁ、とか考えてしまいます。
銀の匙は、荒川先生がサンデーに来た理由を作品読んで納得しました笑。ああ、これはサンデー以外の少年誌では無理だろうなぁと。

担当は坪内さんなんですか!!
石橋さんといい、坪内さんといい最近良く名前を見かける気がします。サンデー頑張ってほしいですね!せっかく面白い漫画多いのだから…
サンマガのコラボは、OVA発売に合わせてだったはずが地震の影響で発売日が延びて微妙な感じになったそうですねw
なんにせよ編集者さんの力すごい!です。
改蔵連載時じゃ考えられなかったような企画が次々と…!!

>坪内さんと鳥光副編集長あたりが、マガジンの三浦副編集長あたりと協議
してそうですよね笑。サンマガ企画以来、両編集部は結構仲良さそうだなと思うようになりました。

(余談ですが以前、WHFのVTRで坪内さんをお見かけしたことがあるんですがホントに地丹っぽくて笑ってしまいました笑。)
[ 2011/04/19 04:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/925-801549a8












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。