スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG138感想~ハクアのラブコメっぷりがやばい~

FLAG138「一難去って」

よみましたっ
flag1385.jpg
今回はこの二人が主役かとおもいきや…!!
予想以上のラブコメっぷりにそわそわしました。

フィオーレがかけた術をあっさりといたディアナとウルカヌス。
フィオーレ自身はあくまで旧地獄信奉者の新悪魔だからなぁ。本式のヴィンテージの術じゃないらしい。

しかしかのんは目覚める様子はない。この時の桂馬のあせりっぷりがよいなぁ。
flag1381.jpg
今回の桂馬の振り回されっぷりが楽しいです。


アポロは水化術という術を使って呪いから体を守っているようです。
自分とかのんの意識を沈めているため、フィオーレの呪いが解けても意識が戻らない。

水化術を特にはもっと強い力が必要で、アポロが力を取り戻せばあるいは…という状況。

アポロの力を蘇らせるために、キスしてみたら?とかるーくいっちゃうあたりがノーラさんくおりてぃ!!
flag1386.jpg
ディアナ、ハクア、ウルカヌスの反応が面白いですっ複雑なハーレムだねぇ桂馬…

しかし、桂馬がただキスをするだけではアポロは復活しないわけで。
桂馬には「キスしかない」けどその「キス」は恋愛的な裏付けがないと機能しないという、当然といえば当然なことを再確認しました。神のみは作業ゲーじゃないんだよ!!
flag1387.jpg
となると、アポロがアポロ自身のちからで復活するのは難しいんだろうなぁ。

だからこその「メルクリウスならなんとかしてくれる」であり、ディアナの「キスして」発言なんだろうなぁ。
ディアナのキスして発言には、自分に羽が戻っていないこととか、それ以外の桂馬への気持ちとか、いろいろありそうだけど笑。

というわけで、今度は第4の女神「メルクリウス」探しになる感じですね。

たらい回しRPGwww久々に80年代ぽさが感じられて嬉しい私です!!
その後の桂馬の「これでかのんが死ぬ可能性はなくなった」に対するディアナとウルカヌスの微妙な反応が意味深ですね。まだ何か問題点があるんでしょうか。このまま水化術が解けなかったら亡くなっちゃうとか…「荒っぽい手」だからなぁリスクはかなりありそう。

ノーラさんもてきとーだけど割に協力的です。ヴィンテージについて調べるって。
亮くんの出番は…まだですか…orz
フィオーレはまだ桂馬の手元へ。

確かに、フィオーレのはなしがホントだとすると駆け魂隊の一部はヴィンテージと繋がっているはずで。
フィオーレのことを報告してもヴィンテージに繋がることを考えるとメリットよりデメリットのほうが大きい。

で、今週の本編はむしろここからでしたね笑。
桂馬をゲーム部屋に連れてきて謝るハクア。ものすごく罪悪感を感じているハクアに対して桂馬はいつもどおりさらっと流すんですよ!!桂馬に好意ばりばりなハクアに対して、とにかく事態を早く収拾するために動いていてハクアに興味が薄い桂馬。いつもどおりの報われないハクア…涙 かと思いきや。

「もっとはっきり言ってよ!!私が必要だって!!」
flag1384.jpg
やばああいい!!このシーンのハクア可愛すぎるでしょおおおお!!!
ハクアは、「桂馬に必要とされたい」とは一言も言っていないんですよね。
でもそれが↑の一こまに集約されておるっうおおおん!!

自分が何のやくにも立たない悪魔なんじゃないか。地区長になってプライド持って駆け魂狩りしてたのに、駆け魂隊がヴィンテージと繋がっているかもしれない。だから自分が必要な悪魔だっていう自信が欲しい。
セリフだけみると、そういう理由からの「私が必要だっていって」なんだけど。
どうみても告白にしかみえないですよねー多分ハクアも気持ち的には告白なんじゃないかなこれ。

17ページ2コマ目の桂馬も、ハクアと自分の温度差を感じ取ってる感じですよね。
flag1383.jpg
初めてハクアの「好意」を感じ取ったんじゃなかろうかこの人は…

そしてちょうどハクアが隠れる角度にいる位置からディアナの「キスしませんか」ですよ!!
桂馬がどんどん修羅場に追い込まれていくー。

そんなわけで来週も楽しみです。

多分今日でブログ3周年…かな。
それはつまり神のみもほぼ3周年ってわけでして。
今まで長かったような短かったようなっ

アニメ二期1話も見ましたよー日曜くらいに感想あげられたらと思います。

☆巻末コメント
Q.子どものころにはまった駄菓子はなんですか。
A.子どものころはお菓子禁止だったので、あらゆる菓子があこがれでした。

お菓子禁止エピはBSとかにも結構かいてましたね。
その反動でいまはこの状態という…笑
関連記事

せつなくなりました

 好きな人の役に立てるって嬉しいですよね、たとえそれが自己満足で一方通行なものだとしても。
きっとお味噌汁ほめてもらった時なんか「毎日つくれよ。」と言われて、
咄嗟に返事して承諾しそうになっていたことでしょう。

 自分が役に立っていることを相手も認識している段階まで進むと、よりいっそう胸は高鳴るのでしょう。

 しかしだからこそ「頼りにされてることは分かる。でも必要とされてないかもしれない。」と思ってしまう。
ここは辛いですよね・・・頼られるのが自分であることの必要性が揺らぎますものね・・・。

 今の状態だとハクアは自分のことを、シャーペンの芯のような存在に感じてしまうのも無理はないでしょう。
折れるのも想定内、代わりはある、何より自分は何とも思われないような変わり映えのしない存在・・・

 今回、自分はハクアを見てときめきではなく切なさを感じました。
桂木の「特別」になる所までは高望みしてない気がして。
少し気にかけてもらえるだけでもいい、という印象をなんとなく受けました。

 少なくとも“鉛筆”って芯が折れるとシャーペンの芯が折れる時よりも悲しい気分になりませんか?

 たとえ桂馬がその鉛筆を何気なく使うにしても、代わりになるものがあると思っているにしても―――
感慨や思い入れに似た何がしかを感じていてほしい。

 おそらくこの意見は少数派でしょうが、
自分はハクアがそう思っているような気がしました。
[ 2011/04/15 23:33 ] [ 編集 ]

>シクスティさん
あまりにも名文すぎて読んでいて涙が…(影響されすぎ

局限にまで切ないハーレムラブコメはもうちょっと後にとって置きたかったのにシクスティさんのコメント読んでハクアの気持ちにきりきりしてしまいました…ううっ

ハクアはごく初期から桂馬にやじるしを向けている子だったので、余計「必要とされている」実感が欲しいのかもしれないなぁとシクスティさんのコメント読んで思いました。

学校で出来る子→社会にでてからの劣等感が元々のテーマだった子ですしね。
[ 2011/04/16 02:25 ] [ 編集 ]

お久しぶりッス!

 お久しぶりです!黄色い旅人です。
 
 パソコンが地震によって壊れましてインターネットにつながらない状態からやっと復活致しましたorz

シクスティさんのすばらしい意見にほろりときている状態で僕なんかの感想は恐縮なのですが・・・

 今週号でついにかのんちゃん復活か!?と思ったらなにやらまたまた試練の予感・・・。かのんちゃんが目覚める時はもう少し先のようですね・・・

 ですが確かに今週はハクアがすごかった!!

 普段からの想いも含めて、すべてを凝縮した一言に胸を打たれた次第でございます(笑)  

 ですが女神が増えるにつれて桂馬のまわりが三角関係から多角関係へと大変なことになってますねぇ・・・うらやましい限りですがそこは桂馬っ!!

 どたばたで苦労してるとしか思ってないでしょうねwww

 次なる女神も探していくし、これからアニメもマンガもかみみぞは目が離せないと言ったところでしょうか!

 最後になりましたがブログ三周年おめでとうございます。これからもがんばって下さい!

[ 2011/04/16 08:01 ] [ 編集 ]

>黄色い旅人さん
お久しぶりですー!
地震大変でしたね…!インターネットに繋がらないと不便なことも多いですよね。今じゃ後でPCで調べればいいや、と放置してしまうことも多いので、今回の地震で改めて便利なツールに頼りすぎるのも怖いなぁと思いました…

ハクア、今週はすべて彼女が持って行った感じですよね!!桂馬…ますます大変になる…うらやましいようなうらやましくないような笑。

物語の終わりに、桂馬がいったい何を考えるのかなーっていうのは凄く興味があります。彼が得るものって、最終的には何なのかなぁ…今はゲームすらやっていない状態ですからね。

三周年、ありがとうございます~!途中ストップしたりしましたが、自分がここまで続けられるとは思いませんでした笑!これも見に来てくださったりコメントくださったり拍手くださったり、なにより神のみが素晴らしいおかげです!!

これからもよろしくお願いします~!
[ 2011/04/19 04:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/928-8410d93e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。