スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG162感想~攻略以外の可能性について、桂馬は~

FLAG162「前夜祭」
よみましたっ

ううっう、ついさっき、完成したFLAG162の記事を間違えて削除してしまって涙目です…
あゆみんと桂ちひについて語り過ぎたばちがあたったのか…
ホントはもっと長文でした。がっくり。

しばらく間あいてしまって申し訳ないです。更新リズムを取り戻したい!!


いつもは学校行事など顧みない桂馬ですが、今回は違う。
桂馬の、そして女の子たちの未来がかかっているわけで。
クラスの様子にもいつになく敏感な桂馬ですよ。

…歩美が…!!!ミスコンに参加だって…!!!
ほらやっぱりひそかに人気ある娘なんじゃああああん!!
そう、かのんとは違うのですよ!!!
かのんは完全に高根の花で、特別な存在で、遠巻きに見るしかない存在なんですが。
あゆみんは、男も女も近寄りやすい存在で、だけど輝くものがあるっていうか!!!
なにもかわらない日常の中に光る一点なのですよ!!!
きっとひそかにあゆみんに憧れをいだいているひとはたくさんいると思うのだ!!!!


でもこれで優勝してしまって学校全体のマドンナになってしまったら私は…私は…!!!
複雑ですよあゆみんが可愛いのは周知の事実だけどやっぱり桂馬と仲良くしてほしいのよ私は!

女神編以降、桂馬のモノローグがよく聞こえるようになっていますが。
ちひろと歩美が、自分にどんな感情を抱いているのかっていう考えが今回でちゃんと見えた。
…案の定攻略覚えてないのに自分のことが好きな女がいるはずないってなちゅらるにおもってるううう!!
flag162 003
そこに気づけよ!!!攻略してなくったって、好感度があがることもあるんだよ現実では!!

桂馬の見解では、告白してきた=ちひろは桂馬が好き=ちひろに攻略の記憶がある=ちひろに女神がいる、なんだよな。でも読者からみたらそうとも言い切れないのが面白い。実はちひろは、何も覚えてなかったんだよ~~女神いなかったんだよ~~ってなって、攻略関係なしに自分のこと好きになるやつがいるってことは、桂馬の中では革命になるだろうし。

今まで桂馬の見解が明らかに間違ってるってのはなかったと思うんだけど、攻略関係なしに自分を好きになる女子がいるってことに対してまったく無防備ってことが示されたから、ちひろ=女神が間違ってる可能性も多いにあるよなぁ…

…つまり桂馬は今主導権を握っている状態ではない。ここから主導権にぎろうとするのが桂馬の計画なんだろうなぁ。だから、宙ぶらりんな状態、気持ちが読めない状態のあゆみんをほっておいたままちひろ攻略を進めるとは思わないなぁと思ってたら!!!!

ちひろと仲良くなるために歩美に相談する桂馬きたああああ!!
おおお何この神展開…!!!!
桂馬がちひろの恋を応援した、ちひろ編の裏返しというか応用というか。
そういえば、あの時桂馬を救ったのも、あゆみんだったなぁああああ!!!
相談しているうちに恋心を自覚するというあれですかあああ!?!?!?
ちひろとのデートをあえて口にして、あゆみんの桂馬への気持ちを確かめるわけですかああああ!?!?!
この相談の中で、桂馬への想いを自覚するあゆみんを想像すると…そしてちょっとでも心を痛める様子の桂馬が見れるかもしれないと思うと…私は…!!!!!!

どう転んでも、あゆみん厨に切ないおいしい展開になりそうで…”!!!

桂馬とあゆみんについては、来週分にもっと語るとして…
ちひろの誘い方と桂馬のお礼のいいかた可愛い過ぎるだろ。
どこからどうみても付き合う寸前のダブルツンデレもだもだ学園ラブコメにしかみえん…!!
お互い軽口叩きあって、でもふと瞬間に照れてしまって目をそらすとか…!!
なんという王道!!学園ラブコメ!!!若さっていいね!!!
きっとくっついても、しばらくはお互いに罵りあって、でも、だんだんとそばにいることが普通になって、ちょっとずつ甘えられるようになっていく二人を夢想すると…たまらんものがありますね!!

桂ちひも桂あゆも好きすぎてつらいです…

私は桂馬にもちひろにもあゆみんにも幸せな未来が訪れることを祈っておりますよ…!!

その、もだもだな二人のやりとりの中に光る桂馬の鋭い視線と、攻略による好意以外は全く考えてない描写が印象深いです。
flag162011.jpg
それでも、ちひろから誘ったことに驚いたり、PFPを手渡されたことに赤面したりしている桂馬はやっぱり男子高校生だと思うのですよ。


そのた
・やっぱり技術部&ミスコンで若木先生のデビュー作を思い出してしまう笑
・栞もぶじお話できたみたいで…!舞校祭にどうからむのか楽しみ
・キャンプファイヤーのポスターの前。桂馬なにしてたん?踊ってたの?タイミングはかってたの?ちひろへ話しかけるシュミレーション?
・ちひろ安定の肉まんキャラっぷり。寒くなったぜ肉まんがうまいの破壊力っ!!!
関連記事

目指せ歩ミスコン!

>完成したFLAG162の記事を間違えて削除してしまって涙目

思い出したらまた削除しちゃった分を書いてください隊長。
一旦保管媒体に下書きしてからコピペするのがよろしいかと…。

>あゆみんは男も女も近寄りやすい存在で輝くものがある
>日常の中に光る一点
>ひそかにあゆみんに憧れをいだいているひとはたくさんいる

はいっ!はいはいはいはいはいはい私私私(やかましっ!)
…これが高3の娘を持つオッサンの言う事だろうか(*^_^*)。

>攻略関係なしに自分のこと好きになるやつがいる
>桂馬の中では革命になるだろう
>まったく無防備

そこでハクアの『お前、押しに弱い』が説得力を持ってくるんだなぁきっと。

>どう転んでも、あゆみん厨に切ないおいしい展開になりそう

【あゆみんを桂馬の嫁にし隊】脳内参謀本部
「えーんえーん隊長ぉぉぉ…民喜様がイジメるんだよぉー」。
「もーそんなヤツ蹴り飛ばして歩ミスコン目指して頑張ろうっ」
「ふ、ふ、ふんっ。ミスコンともなりゃー言い寄ってくる男なんて引く手数多なんだかんねっ。イケメン従えて女王様だもんねっ」
とまぁ顔引きつらせ手足振るわせつつ強がったり泣き出したり。

しかしここはぐっとこらえて、
私の掲示版では次週のあゆみんのリアクションを想像しました。
>①『そんなの知らないっ』と拗ねるもこらえてアドバイス
>②返答に窮し赤くなって栞風に悶々とするもこらえてアドバイス
>③『自分で考えなさいよ私は忙しいの!』と突き放すも気になって後を付ける
>…うわーダメだどれにしても歩美贔屓には拷問だ
>“キャンプファイヤーでぎこちなげに手を繋ぐ桂馬とちひろを見て目を伏せる歩美”
>なんて辛すぎるぞ畜生っ

>本当に“桂馬がちひろと仲良く”なっちゃったら、
>歩美の胸の痛みは想像を絶するだろうに…

これはいけません暗くなってしまう…ううう(T_T)。

“あいつは私を応援して救ってくれた。
 そんなあいつを私は好きになった。
 だから今度は、あいつを好きなちひろを私が応援するんだ”
いい娘すぎるだろうーがぁぁぁぁぁぁ!!!
もっとワガママになれよぉぉぉぉぉ!!!


あーもう! 今週ばかりは桂馬を【銀の匙】の勇吾に向ける御影の父親みたいな目で睨みたい…。(血圧上がるわよオッサン)

>桂ちひも桂あゆも好きすぎてつらいです

隊長にとってはダブルクロスカウンターみたいなものですか…。
戦国大名や江戸将軍時代の「正室と側室どっさり」は、案外合理的だったのかもなんてさえ連想してしまうなこの漫画。

>踊ってたの?タイミングはかってたの?

両方でしょう(^^;)。
キャンプファイヤーのポスターが目に入る位置にPFP。
ごく自然にちひろの視界に入るタイミングでゆいみ張り。
リズム付きで動くあたりが凄い。

すいません。こっちは明日にならんとFLAG163が読めない地方。今夜また長コメントやるかもです。
[ 2011/10/25 21:36 ] [ 編集 ]

あゆみんにある“王道のフラグ”

今、コメントとして書かせていただく必要があると思い、あえてしつこく参上いたします隊長。

【あゆみんを桂馬の嫁にし隊】はいまさら結成しても手遅れ?…いやいやこの作品を読み込めば読み込むほど、あゆみんに張り巡らされている数々の伏線とキーワードが私に「結成して吉」と語りかけてくるのですよ隊長。

①この作品で一番最初に登場したリアル女子(桂馬がエルシィと出会うより先)
②桂馬の最初の攻略対象=ファーストキスのお相手
③本気を出す時は髪をくくる=“神を括る”?
④ハードルに足引っかけて捻挫…は方便でケガはしてなかった
⑤『順位ならキミはとっくに1番とってるよ』
⑥告白シーンで桂馬が眼鏡を外した(他には2人目の美生だけ)
⑦大会の“ハードル”走をぶっちぎりで優勝
⑧記憶が消されてもなおかつ桂馬に話しかけてた
⑨桂馬が倒れた時に手を差し伸べること2度
⑩再登場のたびに猛烈に可愛くなっていく(作者の腕前と比例)
⑪桂馬の母(父が愛した女性)は“風になる生き方”をしてた
これだけ“最後の恋人キーワード”がてんこ盛り(きっとまだある)の彼女が、最終的に彼と結ばれなかったら「暴れ出す読者」が出てもおかしくない。(サンデー編集部、燃えるぞ!ってか?)

②をもっと深読みすると、桂馬は「命を繋ぐためにやむをえず」行った最初の攻略がクリーンヒットしたことで、リアル女子を攻略するという宿命に自信&確信を持てたわけです。
つまりあゆみんは「主人公の命を救った娘」。その娘がさらに⑨と⑩。

少年サンデーは基本的に“王道”を行く漫画を作り出す雑誌です。「連載回数に比例してヒロインが増殖する」特徴が際立つ【神のみ】ですが、それゆえにあゆみん独自のフラグは“王道の光”を放っているのです。
(王道中の王道傑作【うしおととら】における中村麻子の立ち位置に比較的似てますけど、物語のクライマックス付近で果たす役割は麻子よりもっと大きくなる気がする…)

でも【あゆみんを桂馬の嫁にし隊】は決して他の女性キャラ達を貶めません。なぜなら誰にも優しいのがあゆみんの最大の魅力であるから。
そのうえで作品論の観点からもプッシュする。【神のみ】を盛り上げるのにきっと一助となりましょう。

もっぱら女神祭りでライバルだらけ(特に親友ちひろ幼馴染み天理代打協力者ハクアはかのんより強力)ではありますが「障害が大きいほど乗り越えるまでがドラマになる」のです。(誰が障害じゃー!と皆と月夜&栞&結のファンが怒り出すかな^^;)
若木氏は“いい娘”を作り出しすぎ。別作品のヒロインが務まるレベルキャラ続出で、本編最終回後も「外伝」で新連載が描けるくらいだ…。あ、エルシィについては私も隊長と同感。彼女は名実共に“妹”化してますから。今のままで十分幸せだと思う。

両手で足りないほど増殖したヒロイン達を悲しませることなく終わらせるような“神業最終回”さえも、誰もが思いもしなかった発想で実現させてしまうんじゃないか。若木民喜氏にはそんな可能性を感じてます。
【神のみぞ知るセカイ】という作品タイトルそのものがどんどん凄みを増しつつある…えらい作品にハマったもんですけど、そのハマリ度はこの【もういーかげんなおはなし】というプログを知る前とは、まったく比較になりません
[ 2011/10/26 02:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/995-fc049ba3













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。