スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高知まんさい2日目少年サンデーブース(「マギ」大高忍先生サイン会)レポ簡易版

帰りのバスのなかで携帯電話から打ち込んだ簡易レポです~楽しかった!!後で詳しいレポあげます!!
高知まんさいの少年サンデーブースは、WHFのサンデーブースの縮小版のような感じ。その分小学館の人との距離が近いというか、ふと横を見ると小学館の人がいる!!という小学館好きにはたまらんものがありました。
またやっていただきたい…!!
福田先生大高先生田中モトユキ先生はしぐち先生寒川先生田口ケンジ先生のサイン本も買えてうれしかった!!

☆開場まで
仕事のため泣く泣く福田先生のサイン会を断念し、私は大高先生のサイン会前日夜に高知へやってきました。
慌ててホテルを取ったので、普通に高知駅周辺の所にしてしまい後からはりまや橋近くに取っておけば良かったと後悔…

というのも、路面電車の始発で会場まで行ったにも関わらず、既に50人は越えているであろう列が…!リアルに口ぽかーんでした。これが「唖然とする」という状況なのですね…。
始発で行って人が少なかったら寂しいな、やっぱり8時前に行こうかな…とすら思っていたので。
マギの、そして大高先生の人気を侮っていました、すみません!!
私が到着してからもどんどん人が集まり、整理券配布受付は7時半頃終了しました。
その後聞こえてくるサイン会目当ての方々の悲鳴が耳に痛かったです…

遠方からサイン会目当てに駆けつけている熱いファンの方も多く、8割以上が女性だったのではないでしょうか。そして20代くらいの若い女性がとても多い!!
私はこれまで数回少年サンデーの作家さんのサイン会に参加していますが、遠征している人は少なく、男性の方が圧倒的に多かったように思います。
ここまで女性率が高い少年サンデーのイベントは珍しいと思いました。

最前列の女性たちは朝4時くらいにきていたのではないでしょうか…

最近「マギ」が若い女性の間で人気が高まっているという知識はあり、ネットの上で感じることは多々あったのですが、こうしてリアルな熱気に触れてみると……イナゴがなんだ、にわかがなんだ、とか言ってるのが馬鹿らしくなりますね!

きっかけが某サイトの二次創作でも、今はサンデー本誌でマギを読み、単行本を買い、マギの展開やキャラクターについて夢中で語れる。
そして大高先生に直接言葉をかけたい一心で遠方から高知までやってくる。
これって凄いことだと思います。
お会いして、直接お話したくなる大高先生!!「作者のキャラクターが強い」(by石橋さん)んだなと…!!

サイン会が始まる前、マギのサイン入り単行本販売列に並んでいた時、前後に並んでいた女性お二人と話す機会がありました。お一人は広島からお一人は千葉から!!しかも2人とも私より早く整理券をゲットしている笑。
マギファンの熱さ(ただ流行に乗ってお祭り騒ぎしたいわけじゃない)に感動するとともに、3人で「白龍くんが可愛すぎる」という話題で語り、本誌での展開に盛り上がってとても楽しかったのでした…!!

☆サイン会
・11:45から大高先生サイン会。私は午後からだったので隅っこでずっと見ていたのですが、まるでアイドルのステージを待つかのようなテンションの女性たち&黄色い歓声が!!
・大高先生のサービスでアリババアラジンモルジアナジュダルの中から1人直筆でキャラクターを描いてもらえると聞いたときの会場の割れんばかりの拍手と嬉しい悲鳴
・石橋さんと大高先生、読者の方と三人笑顔で談笑されている雰囲気が素敵すぎる
・緊張しているファンを気遣うように笑顔で話す大高先生と石橋さん…!!
・必ず握手を求めて真っ直ぐファンの顔を見てお話されていたのが印象的
・石橋さん爽やか!!
・大高先生はかっこよくて美人さんで明るくてすらっと背が高くてオーラに溢れていて気取ったところがない気さくな方でした!
・先生の隣でいる方は今までのパターンから考えて石橋さんしかいない!!と思って前日書いた石橋さんへのファンレターを渡して笑われるもういのしし
・もちろん大高先生へもお手紙書きましたよ!!
・石橋さんへのファンレターに対して大高先生と石橋さんから「面白いな~」といわれて嬉しい
・私(整理券渡しながら)「スミマセンあの…石橋さんですか?」石橋さん「はいそうです」私「!!あのっ私神のみとマギが大好きでっ…石橋さんへお手紙…石橋さんのファンですっ(しどろもどろ)」石橋さんと大高先生が笑う…みたいな…
・石橋さん「(大高先生へ向かって)この子には特別丁寧にかいてあげてよ笑」・大高先生「私、若木先生と一緒にケーキ食べたことありますよ~」私「う、うらやましいです…!!でも私大高先生ともケーキ食べたいです…!!」大高先生「じゃあ今度いっしょに食べましょう(笑顔)」私「(昇天)」
・私「あ、ジュダルでお願いします…!!」
・ファンの人のお土産やファンレターの持参率がとても高い。7割超えてたんじゃ…
・大高先生を前に泣きそうになってる、というか泣いてる方も多数…!!
・基本的にスタッフさんに怪しまれつつサンデーブースにはりついていました
・サイン会に参加出来なかったらしい小学生の女の子が小学館の人と話していて、リープル(高知県民ごぞんじのジュース)に大高先生へのメッセージをかいて渡していたのですが…
・サイン会終了後、大高先生の出待ちに数十人残っていたのですが、小学館の人の判断で特別じゃんけん大会が行われることに!!
・サイン会の時にキャラクター選択用に書いた色紙、そして書籍販売コーナーに飾っていた先生の色紙をじゃんけん大会で勝ち残った人にプレゼントすることに!!
・メンバーの大半をしめるお姉さん方の冷ややかな視線(小学館の人談)を全く気にせず小学生のラッキーボーイが2連勝したのですがやはりもう一枚は再じゃんけんへ。
・再じゃんけん。2枚目はなんとあのリープルをあげた女の子の手のもとへ!!本当に良かった!!
・私、2枚目のじゃんけんのとき、最後の2人まで残ってたんだ…
・小学館の方はよく小学生の子たちに話しかけておられるのが印象的でした!
関連記事
[ 2011/11/07 13:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/999-f3e92231












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。