スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ライブレポ】8/3 summer dive access tour 2013 大阪②

あとで手直しする予定だけど一応あげとく
前の記事はコレ→ 【ライブレポ】8/3 summer dive access tour 2013 大阪①

アンコール。
大ちゃんはチェックの半ズボンにツアーT、ストールに帽子で出てきました。どこの少年だよwww
ヒロもツアーT着ていたと思うんだけど、あんまり覚えてないな…。

MCいろいろあったけど、当日わすれないうちにと思ってついったにバタバタ書いたもの読みながらまとめてみます。今読み返したり、他の人のツイートと見比べてみたりすると、間違っている部分多々ありましてね…。あいまいな記憶なので、だいたいこんな感じ…と思っていてください。

アンコール呼ばれて出てきた後。

ヒロ「やっぱりアンコールって大きい声で呼んでもらえるとでてくる気になるよね」
(ここらへん曖昧。大ちゃんなんか言ってた気がする。)
大ちゃん「ボクはヒロの声聞きたいからずっと袖でアンコールって言ってたけどね!」
なんだそれwwwww ヒロの「大ちゃん可愛い」発言と、大ちゃんの「ヒロの声最高!」はお決まりになりつつあるけど、こうさらっとwww言われるとwwwwえっなにいってんのwwwって気分になる!!笑

それはともかく、名古屋行くときは私も全力でアンコール叫ぼうと思った、よ!

夏ですね!!!という話になって、

大ちゃん「初夏真っ盛り」
客「初夏?ww真っ盛り??ww」
大ちゃん「あれ違った?まっさかりかついだ…」
客「…w(苦笑)」
ヒロ「まっさかりかっついだきんたろおおお~(大声で歌う)すみませんでしたああああ!」
客拍手 
大ちゃん「怪我しちゃった????」

あなたのせいだろww
大ちゃん結構読書家なのに言葉の使い方怪しいこと多いよねww前もなんかのラジオでヒロが言った「吐露」の意味がわかんなくて混乱していたことを思い出した笑。
大ちゃんの大人ギャグを全力で拾って全力でフォローするたかみさんが、すき!!!

そこから盆踊りの話になって、わんこの散歩中に太鼓の音を聞いて会場見つけたくなって、音を頼りにホントに会場見つけた!!という話をしていました。(見つからなかったほうが面白かったのにねwとヒロが笑。)アルアニが亡くなってから、盆踊りとか、お盆に対するイメージも変わってきて、太鼓と踊りで賑やかに盛り上げて、ここに戻っておいでって知らせてあげているんだなって思うようになったと。あと、盆踊りの太鼓たたいてみたいっていっていました。どんどんどんっタカタッタっていう太鼓のリズムは日本独特のもので、外国人が叩くとどうしてもスカっぽいリズムになっちゃうんだっていう大ちゃん豆知識もありました笑。

でもMCで一番盛り上がっていたのはヒロのホスト経験の話だったとおもう!笑
松戸から大阪まで、ちょっとあいたけど何していたかって大ちゃんが話を振ったんだけど、
ヒロ「ホントの話で??」
大ちゃん「別に嘘でもいいけどw」
ヒロ「まあーいえるところでは、あれね、舞台のとか」
大ちゃん「ホストちゃんね!ホストの経験とかはないの?」
ヒロ「うーーーん…あるっちゃあるというか…」
客「ええええ!!!(騒然)」
ヒロ「友達にたのまれてね~『やっぱさ、ヒロが来ると盛り上がるからさあ、歌ってよアクセス!』とか言われて何回か…」
(客爆笑&騒然)
大ちゃん「ボクなんかアクセス歌ってとか言われても歌えないからね!全部弾けるけど」
(客爆笑)
ヒロ「そこはショルキー背負ってさ…(なんか弾く真似してるw」
正直にそういうことやったことあるって言っちゃう、嘘をつかないたかみさん大好き!!!笑
この前のジョイトレ発売の時のユストの番組で、今日のインナーの色は?ってコメントに、う~~~んこれいっちゃっていいのかなああああ?とかいいながら、赤です!っていったたかみさんを思い出した!!笑
そんなヒロに対する大ちゃんの返しも素晴らしいよねwwそしてヒロにいろいろしゃべらせて、自分のプライベートはうやむやにする、オープンで社交的に見えて秘密主義の大ちゃんが素敵!!笑

他にしたことないの?って話から、一回ゴルフに行ったという話に。大ちゃんもしないの?ってまた言ってたけどw、あんまりする気はないっぽい笑。で、焼けないようにマイケル並みに白くなるくらい日焼け止め塗って行っていたと。(日サロに通っていた頃もあったんだよなあ…思えばとおくにきたもんだ…)
大ちゃん「いるよね焼けてシャツのここから上の色が違う人wヒロ大丈夫?」
(おもむろにそでめくる)
(腕さわさわ)
あっ大丈夫ばっちりだ」
…ナチュラルにヒロにさわさわする大ちゃん…ごちそうさまです!!!!!!!
大ちゃん「他には?」
ヒロ「言えることはこれだけかな!(^-^)」
言えないことって何してたんだよもう!!! 
その後二人でTMのコンサート見に行ったって話につながる。その前に、大ちゃんはTM関連で木根さんのトークショーにゲストで出たり(木根さんがヒロの話もしてたよって報告していましたw)、FNSでゲストミュージシャンで出たりって話をしてたのかな??

大ちゃん「すごくかっこよかったよね。(ヒロ同意)見に行った人いる?すごかったよねえ?」
(結構手を挙げている人いる。さすが!)
ヒロ(だったかな?)「ああいうふうにアクセスもずっとやっていきたいよね」
って話から、TMのライブ見に行って、すみっこでキーボード弾いている人が浅倉大介でボーカル探している人だよって事務所の人に紹介されたのが始まりだって話から、TMあってのAXS!って話に!!ふたりでがっちり握手してたのはここだったけ?レコード大賞の時だっけ??

大ちゃんはシンセの弾き方とかパフォーマンスとかもそうだけど、プロデュースやったりユニットやったりっていう活動も、かなり小室先生を踏襲しているんだよねえ。大ちゃんの場合、ミュージシャン目指す前に高校生の頃からヤマハで働いてその環境に自分で満足していたっぽいし、小室先生が大ちゃんをステージにひっぱりださなかったら、大ちゃんはそのままヤマハのエンジニアになっていた可能性が高いんだろうなあ。先生がヤマハに話を持っていかなかったら。先生がサポートミュージシャンとして大ちゃんをステージに引っ張り込まなかったら。先生が大ちゃんにCDデビューを勧めなかったら。そう思うとホントにTMネットワークなかったらアクセスってなかったんだろうなあ…。

今後の予定とか告知何かないのって大ちゃんに振られて、ヒロが「ここで舞台の宣伝とかしてもいいの?」って恐縮していたのがかわいかった!!そこから9月にでるリマスタCDの話題になったんだっけ ?大ちゃん関連CDがリマスタされてaccessのも3枚でるよって。
ヒロ「accessⅡはレコード大賞のさい・ゆう・しゅう!!(めっちゃ強調してるw)アルバム賞をとりましたから!」
客拍手。ここで二人ががっちり握手していた気がする。
ヒロ「また一番とれるように応援してね!音も良くなってるんだよね?」
以下大ちゃんのブルースペックCD2講義のはじまり~!

ヒロ「聴いて違いがわかるくらい音が良くなっているんですか?」
なぜか敬語で聞いているヒロ笑。
大ちゃん「良くなっているというか原音に近くなってるんだよね」
ねおえーじとかで話していたノイズキャンセリング話でヒロぽかーん状態w
大ちゃん「ごめんあと一分下さい笑」
ヒロ「ねえみんな本当に話わかってるの?」
大ちゃん「今の説明でわかった人!!」
客「はーい!!(挙手)」
大ちゃん「ほんとにぃ?後で出口のとこでテストするよ?」
してくれるんなら必死で覚えるオタがここにいます笑っでも大ちゃんならほんとにテストやりそうw

ブルスペCDについて嬉々として語る大ちゃんとポカーンなヒロの差が好きwこういう技術的な話は大ちゃんの先生ぷりが発揮されていて面白いよね。自分が楽しく語るだけじゃなくて、さっきのTMの話の時もそうだけど、ちゃんと聞いている人に投げかけるように話すの。うまいなあ…。

ヒロ(たぶん)「初期のCDは出てから随分たっているから聞いてない人もいると思うしこの機会に聴いてくれたらうれしいね」
大ちゃん「そうだね~今日はじめてaccessのツアーきたひとってどれくらいいる?」
きたーーー!!!はーい!!と叫び腕をぶんぶんふるもういのししはじめ何人かの人々。
大ちゃん「おーすごい!!結構いるね!!三階席もいっぱいー(手をふりふり)」
ぎゃあああ大ちゃんがこっちみて手をふってくれたああああ!!!!
「名古屋も追加も来てね!友達も誘って!!」
いくよおおお名古屋も追加もいくよおおお!!!!!!!!!

ヒロも大ちゃんも、歌うときだってMCのときだって、(2人の世界をつくっているときもあるけどw)、近い席の客だけじゃなくて、2階席も3階席もちゃんと見てくれて、反応してくれて、話題振ってくれるのがホントに素敵だなって…。やっぱり20年やっている人たちはちがう…!!!

あと、いつだったかな。ジョイトレインが13位だったって話をしていて。ヒロが偶然CDTVをビデオ(笑!)に録画していて見たって話をしていました。「アクセスのアー写がさ、こう斜めになりながらくるくるーって(すごく擬音が多い表現だったw)」ふつうに客も二人も笑っていたけど、ちょっとさびしいよねえ…!やっぱりPV欲しいよねえ涙!インディーズでCD出して、フットワーク軽くなってやりたいこと思いついたことすぐできる環境になったのはいいけれど、PVとかテレビ出演とかタイアップだったりとか、そういうメディアへの露出と宣伝はソニー時代と比べると雲泥の差だもの…。大ちゃんはどう考えているかわからないけど、
(メタバ休止したこと考えると、小室先生の逮捕のことだったり、アルアニ、そしてお父様のことだったりと、いろいろなことがあって今までみたいに無茶することはやめて、楽しくやっていく方針なのかなあとは思うのだけど)ヒロは、今回のMC聞いていても、モバイルの質問コーナー(余談だけどヒロの有料モバイルサイトはほんとおすすめ!質問コーナーすごく面白い。ヒロの人間が見えてくる感じ。日記も更新多いし!)読んでいても、AXSで歌うことをすごく大切にしていて、またAXSとしてブレイクして、大きいとこでライブやりたいっていうのを、本気で考えているんだろうなって思った。私ももっと大きいとこでアクセスみたいし!!!もっといろんな人にアクセスの曲聞いてほしいし!もっといろんな人にアクセスのこと知って欲しいから!!!…せめてできることとして、ネットで布教活動がんばります笑。そして次のツアーは…全通してみたいなぁ…なんて。

20周年のDVDの宣伝もしていました。今DVDのチェックも始まっているって話で、舞台裏の映像もあるとか。
ヒロ「いろいろ裏の事情とかもね」
大ちゃん「裏の情事もね」
客・ヒロ「……?!!?(ザワザワ)(情事…??)」
大ちゃん「みんなザワついてるけどどうしたの?」
ヒロ「何でもないよ、ねー?」
この日一番の何言ってんのこの人ってなったMCでした笑。

アンコールですが、よかった!!!らびんゆーきけた!!!
もちろんライブ初参加の私は初聞きだったわけで…!
大ちゃんの伴奏とヒロの声だけっていうシンプルな構成で、ヒロの声が心に沁みます涙。
声もだけど!!!!
バラード歌う時のヒロの表情が…切ない顔が…ゆがめる表情が…すごく…好きです…ふおおっ

そうそう。終わってヒロがメンバー紹介忘れたまま客煽りだして笑。
大ちゃん「ヒロ、メンバー紹介」
ヒロ「ごめんしばちゃんしーちゃん後でごはんおごるから!」
大ちゃん「ボクはー?」
ヒロ「オレは大ちゃんにおごってほしいな!(^-^)」
なにこのかわいいいきもの!!
この甘えた男があああああ!!!!!好き!!!!!(崩れ落ちる

そして怒涛のダンスメドレー!!!夜波~らいんあいず~あげるー!!
これねー、去年からだから飽きたっていっている人も多いみたいだけど、やっぱりテンションあがるよ!!!楽しい!!!特に私みたいな新規とか、久々にライブ来た人とかは、嬉しいんじゃないかなー!!!
でね!!ないうぇいもらいんあいずも!!振りもできたし!!Lucky and Lovely tonightのとこも歌えたし!!!何よりヒロの「そうだろ?」「いいだろ?」もいろんなパターンできけてリアルにきゃー!!!って叫んでひざから崩れたよ!!!
なんなの???なんであんなに王子なの????3階席でこれなんですけど!!!これ目の前でみてよくみんな正気でいられるな?!?!?!?!
途中でヒロが銀のラメ入りグローブはめていたのに気付いたんだけど、いつからやってたんだろ…。夜波の最初はなかった気がする。私が気づいていなかっただけ?あげるーの振りは、ヒロも客席も一期の振りをノリノリでやってた!!
あげるーの時だったかな?ヒロが大ちゃんの要塞に入って行って、背中合わせみたいにして歌っていたんだけど、大ちゃんが抱き返していたというか、腕回していてかわいー!って思ってみてたら、急に勢いよく腕のけたもんだからヒロが後ろにふっとんでたwちょっとシュールだった笑。
あとねー!大ちゃんがヒロの頭にかみつき?ちゅー?しかかったっていうレポついったでちょこちょこみたんですけど!!!!私完璧みのがしてる!!!いつだったんだろう…
そうそう、これもどの曲だったか…ダンスメドレーのどこかだったとはおもうんだけど、大ちゃんが客席におしりむけてふりふりしていました!ショルキーもたしか後ろ向きで揺れててらぶりーだったは…

最後!!!もう勢いに任せてるくあへに突入!!!「ぱわー!」のところで二人で向かい合って股間から突き上げるあのポーズをやっているのが下ネタなのにほほえましかった笑。でもクロブリとかサマスタのDVDみてるとふつうにガッツポーズしてるだけだったんだよねアレw
これもライブ映像見すぎているせいで、もーにん!とか、めいくらぶ!!とかマイク向けられるとこ全力で歌っていたんだけど笑、突如としてあああああこれで終わりなんだああああ!!!っていう現実が襲ってきて、すごくすごく寂しくなって、DVDで見ていたのとおんなじように客席の照明がついてうわーーーって明るくなったのを見てたまらなくなって涙腺崩壊ですよ…!!!もっともっとこの空間でいたいよおおお!!!涙
じゃすちゅー!あーくせす!!ってもう号泣しながらさけんでました、うう…。
るくあへのあと、2人が挨拶したんだけど、まったく収まる気配のない客の歓声に対して、ヒロが大ちゃんにマイクを再び渡して、大ちゃんがなんだよ~とかふざけていいつつ
大ちゃん「(ヒロっぽく)いいだろ?」
客きゃー!!!
大ちゃん「一度言ってみたかったんだよね(満足げ)」
なにこの可愛い生き物!!!!!
この40代半ばのおっさんユニット可愛すぎるしかっこよすぎるし!!!!!
どうすればいいの!!!!!!!ってきもちになったよどうしよう!!!!!!!

大ちゃんとヒロが!!!
またすぐ会おうね!!!っていうから!!!!
もっともっとアクセスの空間でいたいから!!!!!
私は18日、名古屋に向かいます…笑!!!
[ 2013/08/07 04:22 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

【ライブレポ】8/3 summer dive access tour 2013 大阪①

☆久々にライブレポ!!
いったい何年ぶり???てくらい久しぶりのライブレポート記事ですよ!!!
まさかの1万5000字越えで二つに記事わけたよ!!!
もうあらさーの域に入ってきて、体力的にもライブ参加とか遠征とかきついし、しばらくは漫画の記事ばかりかなって思ってたのに…ハマりだすと一気にこれだよ!!!はい、オタクですね!!!!!

いってきましたaccess2013夏のホールツアー!!
summer dive大阪!!!
レポ即日仕上げようと思っていたけど筋肉痛で動けず笑、むりでした!!!!
796830956.jpg
ひとことでいうと、さいっこうでした!!!!!!
ぜったいぜったい名古屋と中野追加もいくから!!!!!!(信者)
待っててね大ちゃんヒロ!!!!!!!!!!!♡♡♡♡♡

やばいやばいこのハマり方はやばい、ちょっとセーブしないと…と思いながらこの二か月AXSばっかり聞いてたし見てたし読んでたんだけど、このライブで決定打をうたれましたorzもう戻れません…

3階席の真ん中だし、今回は双眼鏡片手にばっちりレポしてやるー!と思ってメモ帳も準備万端でいったのに!!!あの音で!!!あの声で!!!あの笑顔で!!!
体は自然と動き出すし!!

双眼鏡のぞくと!!!大ちゃんが要塞から3階席をばっちりみながら!!!!口パクでもっともっとって!!!煽るもんだから!!!1早々に双眼鏡は鞄にしまわれました!!!!
(それでも二人がくっつきだすとおもむろに取り出される双眼鏡)

なのでレポは記憶をもとにかなりいい加減にかかれております。
間違いなどあれば指摘していただければ…。

そこからはもうズルズルと…記憶が飛ぶくらいに興奮しまくって…気づけば最後のるくあへで涙を流しながらおふたりの名前を叫んでおりました…。終わらないでーーー涙!!!!

セトリは初日とほぼ同じ。「アオイナミ」→「I sing every shine for you」に一曲だけかわっていました。中野も一部変更あるのかな?と思うと中野2daysいけないのが悔しいなあ…

ということでまず大阪diveセトリ。
今回のツアー、最初と最後に大盛り上がりのブロックを持ってきて、バラード聞かせるブロックがあって、
ヒロと大ちゃんそれぞれソロの見せ場もつくる、と。そんな感じになっていますね。
後に書いたけど、バラードに対するアプローチってのを、すごく考えてる構成じゃないかなーって思った。
あと、アルバムシークラの曲をじっくり聞かせるって感じ。
前のホールツアーはツアーほとんど終わってからのアルバム発売だったからなー笑。

JOY TRAIN
CATCH THE RAINBOW
DRASTIC MERMAID (短め)
SUMMER NIGHT BREEZER(短め)
Grand Muse
Stand By(リシンクに入っている方)
Let me go
MOONSHINE DANCE(新アレンジ)
Star Tribal
I sing every shine for you
DAソロ(バイナリ→ワルキューレの騎行→シーメデ→リッピン→シークラ…だったかな?うろ覚え。バイナリとシークラ逆かも。)
ドラムギターソロ
Keep It(ヒロソロ)
EDGE
f☆R☆E☆e
Doubt & Trust
Share The Love
永遠dive
We'll
(アンコール)
Lovin' you
NIGHT WAVE(DANCE MIX)
LYIN' EYES(DANCE MIX)
AGAINST THE RULES(DANCE MIX)
LOOK-A-HEAD



…クールダウン&記憶を整理するために開場前のことから書きますね。
明日はホンモノの大ちゃんとヒロに会えるんだあああああ!!!(3階席だからめちゃくちゃ遠いけど)と思うと前日からドキドキが止まらず目が冴えまくって寝られず結局3時就寝で、乗る予定だった朝7時のバスに間に合いませんでしたorz
午前中に大阪につく予定だったのでばっちり観光しようと思っていたんだけどなあ…。結局大阪着が14時くらい。

それでも何とか道に迷わずホテル&会場にたどりつき、物販ならんでTシャツ、タオル(どっちも赤)、パンフとANNモバイルのまとめUSBを買いました。どのライブいってもそうだけど、ツアーTに着替えるとめちゃくちゃテンションあがるね!!!!ジョイトレアナザジャケは迷ったけど未購入。ペンライト(いわゆるティンクル棒w)は単なる購入し忘れ(バカ)。激しく後悔したので名古屋で物販ならぶ時間あれば買いたいな…。というか売り切れてないよね…?orz

まだ開場まで少し時間があったので、Tさんと初めてお会いしてaccessの話したり以前のパンフ見せていただいたり…!!本当に楽しかった&うれしかったですありがとうございます!!!

この時私はデリプラツアーの衣装のような笑、派手な配色のパーカーを着ていたのでよい目印になりました。
名古屋でも中野追加でも着ていくので、見つけたら話しかけてやってください…ぼっち参加だからorz

☆物販~開場
17時開場。ですがなかなか人が掃けず。
ロビーに永遠diveツアーのセットだった赤青ロケットが飾ってあって、それを撮影していた人が多かった模様。開場前は照明がついてなくて、ライブ終了後に照明がつくんだって!(一番上の写真参照)
20分くらいにやっと人少なくなってきたから入場して、ルミカ折りながら心拍数は上がる一方。
私がいた三階席前方までちゃんと人で埋まっていて、おまけに男性率がすごく高くてびっくりした。女性ファンばっかりってイメージだったから、最近は男性も増えているって聞いてもぴんときてなかったんだけど。実際にみて納得しました。私の前の列なんて全員男性なんじゃ…ってくらいだったもん。男性のグループで来ている人もいたし、女性と一緒に来ている人もいたし、一人で来ている人もいた。親子孫三世代の人も見かけたし、3階1列目で一生懸命ティンクル振っている小学生ぽい子もいた。客層広い!!!ホールの3階席っておとなしいイメージがあったけど、みんなガンガン振りやってるし腕ふってるし叫んでるしで楽しかったー!
私の目の前の席の一人参加の若そうなお兄さんがバラードになると座ってじっくり聞き、アンコールになると感極まったのか「ヒロー!」って何度も叫んでいたのが印象的でした。

☆OPとかステージとか衣装とか
OP。暗転してしーちゃんしばちゃんが準備するお姿がうすーく見えてきてドキドキ。
列車っぽい音が印象的なSEでこれは…!!!って思っているときたーーーいきなり新曲JOY TRAIN!!!
accessのふたりが!!!!!壇上に!!!!!登場!!!!!
うぎゃああああああああかあああああっこいいいいいい!!!!
登場だけでテンションあがりますもうぞんぶんにかっこつけてくれてほんとにほんとにもう思わず膝から崩れ落ちそうになりましたふおおおおっおっ。今思い返せば、この時はまだ精神的に遠慮があったというか。一人参加だったしどこまで声だしていいものか迷っていた感がある。

今回は大ちゃんのシンセブースが真ん中の一段高いところにあるいわゆる要塞で、その両脇にしばちゃんドラムとしーちゃんギター。(柵でしきられていた)後ろには大きなスクリーン。銀色のすだれ?がかかっていました。
衣装については初日のレポで書いている人がいっぱいいるだろうし割愛します。…よく見えてなかったしw
きらっきらのライトの演出と合っていてかっこよかった!復活してからこっちは、2人の衣装は割とバラバラなイメージだったけど、今回の最初の衣装は二人ともシルバーキラキラ系で対になっている感じ。15周年の時みたいな衣装も好きだけど、客席までライトぴかぴかで衣装キラキラってのがアクセスって感じだなーっと1!
大ちゃんの頭に乗っていたシルバーのキラキラが妙にかわいかった!笑 アレは春のコスモちゃんの新バージョンなんだろうか笑。


☆夏メドレー!!!!!
にしてもしょっぱなからジョイトレって!いきなりMAXじゃないですかー!わーい!ヒロも大ちゃんも全然自重していない感じで、にっこにこで歌っておりました。最初だから声もセーブしたりするのかなとか思っていたけどそんなことはなかった!キラキラなシンセの音、じょいとれーーーん!の声の広がり、すばらしかった。もう体全部がヒロの声で包まれていました笑!!!!!鳥肌!!!!!!
そして歓声を二人に浴びせる暇もなくキャッチざレインボー!!ライトも七色になってステージがさらに華やかに!!これまた二人とも終始ごっきげんで、大ちゃんはなぜか客席にむけてピースしまくっていたかわいすぎるだろ!!!そんで上(三階席)見上げて煽る煽るw双眼鏡越しに目が合うんだもん!!!(妄想) 冒頭に書いたけど腕振りあげながら飛べー!!って。もっともっと!!って言うんだものw、双眼鏡なんてほっぽりだしちゃったよ!!ヒロもずうっと観客席みながら笑顔で歌ってくれていて、その姿はほんと王子そのものでした衣装含めて…。最近ついったではわんこなたかみさんかわいい♡ ばっかり言っていたから忘れがちだったけどw、やっぱり超絶かっこいいお方なんですよううううう!!!!!!
なのに、ショルキーもって走り出した大ちゃんがステージ向かって右端で、指でちょいちょいってヒロを呼べば、まさにわんこのようにだーっと大ちゃんの方へ走っていって、大ちゃんにくっついて歌っていたのが可愛すぎた。かっこいいしかわいいしなんなのたかみさん!!!!(…って書いたけど、他の人のレポ読むと、どうやら大ちゃんが呼んだのはこのあとのねいきっどでざいあだったらしい。ホント記憶怪しいな…!)
間奏のスーパー大ちゃんタイムin要塞では観客に背を向けてじっと大ちゃんを見つめておりました。こういうときヒロってどういう表情しているんだろう、その眼にはどんな大ちゃんがうつっているんだろう…とか思っているうちに、お二人からはじめのごあいさつが。
「大阪会いたかったぜー!」とか「一緒に楽しもうね」って感じ(あんまり覚えていないけど大ちゃんの口調が可愛かったのは覚えている)の短い挨拶のあと、ドラマメですよーー!!!これ以上客席のボルテージあげてどうするんですかやだーー!!!とかいっているうちにすぐさまへーい!!!ねーきっでっざいあ!!!なにこの夏のアゲアゲメドレーは!!このあたりで私はタガが外れてきて飛びまくり腕ふりまくりでした笑!ヘイ!で飛ぶのが楽しすぎてもう!!!この曲、かっこいい感じで歌うかと思いきや、ヒロが大ちゃんにずっとひっついていて…というか足に抱き着いていてワンコだーーー!!!笑 なんだこの甘えたワンコはーー!!!笑

そしてサマーナイトぶりーざー!!今度はかっこいいたかみさんの表情に変身していてキャーキャー叫んでしまった!!!この短い時間の間にいろんなヒロの顔を見せてくれて幸せでしたあああ!!!
別館ブログでも書いたんですが、最初access知ったときはとにかく大ちゃんの凄さに度肝を抜かれてヒロはあまり眼中になかったのだけど(ごめんなさい…)accessのこと知れば知るほど、ヒロが好きになっていくっていう…!!この記事中でも「たかみさん」と「ヒロ」が混在しているのは、そういう私の気持ちの表れです…笑。


☆バラードの新境地!!
ここでバラードコーナーへ突入。

リッピンのアルバム好きで(accessのアルバムで、個人的によく聞いている順はリッピン→シークラ→デリプラ)ぐらんみゅもいつか生で聞きたいなーって思っていたから嬉しかった。

歌はもちろんだけど、前奏のアルペジオが美しいよねー。この曲に限らずだけど、accessの曲って前奏に曲全体の主旋律とは違ったイメージの、だけど人をハッと弾きつける旋律や音を持ってきていることが多くて、それがすごく好き。私が最初に聞いたAXSの曲ってスキャブルの、しかもオケのみで。主旋律は短調なんだけど、前奏は長調で、面白いなーストーリー性がある音楽つくる人なんだなーって思って気になったのがきっかけだったんだよな。

話を戻します。
バラードは思いっきりヒロの表情と大ちゃんの手さばきみてやろうと思って双眼鏡でガン見していました。
これがもうね…!!!表情ひとつとっても、マイクの持ち方ひとつとっても、ヒロがすっごく思いを込めて歌っているのが伝わってきて。言葉ひとつひとつを体のそこから歌っている感じで。昔の音源を聞くと、濁りのない純粋な音、高い音でバラードを歌っている感じだったんだけど(それもまた大人になりきれていない少年ぽくてよかったんだけどね~!)、今年に入ってからのヒロは特に、アップテンポの曲よりも力強く、音が割れてもいいから!という感じでバラードを歌っている気がするなあって思いました。これがまた大人のバラードって感じで好きなんですようううう!!!

そしてこの歌い方。
曲と歌い方の相性というところでは、スタンバイDAバージョン、神がかっておりました…!!
地球という星のもと立っている自分、宇宙の中のひとつとしての自分っていう壮大なイメージがあるこの曲だけど、大地を踏みしめるように歌うヒロの姿とステージを赤く染める照明がぴったりあっていて。大ちゃんの大げさすぎず、だけど弾き方で感情を見せようとするパフォーマンスとぴったりあっていて。ホール全体が一つの宇宙になっているみたいで。終始圧倒されておりました。願わくば…もっと近くでみたかった…!!!!!

スタンバイもそうだけど、フリーとかレミゴとか。シークラの曲って、今のアクセスだからできるって曲ばっかりな気がするんだよね。1994年デリプラのビートプラネットも、さっきあげた2012年シークラ三曲とコンセプトは似ているんだけど。この星と宇宙とそこに立っている自分っていう「コンセプト」だけじゃなくて、すごく実感が伴って感じられる曲になっていると思んですよ…!!困難な壁を、打ち破ってきた人たちの説得力というか!!
すっごく生意気な言い方だけど、(本当にごめんなさい…)ビートプラネットはどうしても大ちゃんの曲の方に意識がいっちゃって正直あまり歌詞は頭に入って来ていなかったんだけど、フリーは曲が素晴らしいのはもちろん、ヒロの歌詞が、ね!!すっごくガツンと心に来る歌詞で。特にネット上でこうやってくすぶっている私のような輩には笑。ヒロならではの言葉の使い方と、ストレートな物言い、この言葉、曲のインパクトに勝ってるじゃん!!!って思いました。すごい、すごいなー。シークラ初めて聞いたときは、なんかaccessのイメージじゃないなって思ったんだけど、聞けば聞くほど、大好きになっていきました。accessってどんどん進化するなって。最新のaccessが一番好きって言えるのってすごく幸せなことだなーって思います。って書いてたらたまらなくなって、今さっきねおえーじにライブの感想送ってきました!!このままだと長文ファンレターをお二人に送り付けかねない勢いなのでブログで毒素を抜いておきます!!!!

☆れみごと新アレンジのむんしゃい!!そしてすたーとらいばる!
また話がそれたーー!!すみません、初めてのaccessライブレポートだから暴走気味です…。
スタンバイの次、れみご!!!これまた私の好きな曲ですよ!!最初聞いたときなんだこのヘンテコな曲はwwwって思ったのに!!!たかみさんの描く、女の子に優しくてモテるんだけど、ちょっとヘタれで三枚目で弟ぽいというか、母性本能くすぐるタイプで…な男の子が!!!すごく好きなんですよ!!!るくあへとかもそうじゃない???好きな女の子と夢の中でらぶらぶしちゃって、それを実現してやるー!!って気持ちはあって、でもまだ電話番号すら知らなくて、それでもいいじゃんなんとかなるよ!(超能天気w)それでいて、「会いに行くよ」じゃなくて「会いに来てよ」なんだもんね!!かわいすぎるじゃないですかーー!!!

そんな女の子に振り回され気味な男の子が、俺だって女の子の言いなりじゃないし!!!っていう気持ちであふれだしそうな感!!レミゴすき!!!そんなちょっとヘタレな男がヒットラーみたいなポーズしてたらかわいくない?っていって、あの振付考えちゃうたかみさんは!!!!!もっとだいすきです!!!!私も全力であの振りやりました!!!!楽しい!!!ホントシークラはもっとたくさんの人に、特に男性にも!!聞いてほしいなって思った!!!

レミゴのとき、銀のすだれがあがってて、スクリーンには箱型の可愛いレミゴロボットが列になって規則正しく歩く映像が流れてたんだけど、ヒロがそれにあわせるように、背筋のばしてめっちゃいい姿勢で歌いながら歩いてたのがすっごく可愛かったwwwえっおーえっえっおーの振りはもちろんなんだけど、ここもすっごくポイント高かった!(何の

そして次!!!新アレンジのむんしゃい!!!これねー!!原曲は大ちゃんお得意の耽美メロディを強調する感じのアレンジ、2002verはやんちゃトランスバリバリ、今回のはもっと大人っぽい感じのアレンジだった。それは二人のむんらいぷれいが離れた位置から行われているのでもお察しというか笑。新しいアレンジに戸惑う客、やらない二人を後目にいつもの振りをやる客、いろいろでしたが笑、終わったあと大ちゃんが水のんだり準備したりしているときに、ヒロからひとこと。
「みんな僕たちと違うフリしてたけど大丈夫??(客爆笑)ついてきてね!!!」
客席のざわざわが気になってw、あんまり新アレンジ堪能できなかったから名古屋と中野でじっくり聞きたい~。

そしてこの流れからの!!!スタートライバル!!!すごいねシークラ曲おおい1!前のホールツアーがアルバムひっさげてのツアーじゃなかったってのもあるのかなーと思ったり。ここでもヒロの熱いバラードのうたい方がとてもかっこよかった!!!今回のツアーは熱く歌うバラードに重点おいている感じがする。
新しい曲つづくのかなーとおもいきや、今度はI sing!アクセスの中じゃかなり珍しい3拍子系の8分の6拍子のバラードですね。accessⅡあんまり聞いてなかったから曲名忘れてて帰ってきてからぐぐりました…。どちらの曲もすごくヒロの声が響いていてかっこよかった涙!!!!後ろにも映像映っていたと思うんだけど、何があったか忘れちゃった…宇宙ぽい感じではあったんだけど。

☆大ちゃんは王子でもなくて天使でもなくて神様だったんだ…!!!!
ここから大ちゃんのソロなんだけど!!!ほんっとすごかった!!!!!!!!
これ絶対!!!もう一回ききたい!!!!最初思いっきり違うところひいちゃったのかw、自分で仕切り直ししたのが可愛かったんだけど!!!!!!!!!ホント人が変わったように!!!!破壊神&創造神と化していました大ちゃん!!!
双眼鏡覗きながらやばいかっこよすぎるすごいを壊れたテープレコーダーのように連呼していたのが私ですふおおおお…

最初、ちょっとaccessのインスト曲が流れていたのかな、と思いきや今度は!!!ワーグナーの力強い旋律が!!!!大ちゃんのワーグナーかっこよすぎる!!!ワルキューレの騎行!!!なんかね、最初大ちゃんの音楽聞き始めた時は、クラシックでいうとドビュッシーの初期の音楽ぽいイメージだったのね。だけど大ちゃんの激しくてかっこいいいソロ聞いちゃったら!!!もう初期印象派みたいな1!!キラキラふわふわじゃものたりない!!!ってなる!!!とにかくかっこよかった!!!何台もシンセ変えながら、音を重ねながら、ワルキューレの騎行のメインテーマ弾いていくの!!!!打ち込みじゃなくて、自分で弾いてるのね。そこからのシークエンスメディテーションだよううう!!!しかもね、あの美しく壮大なシーメデのメロディを!!何度も旋律歪ませながら!!!ゴーストやシークラ、さらにはヒロ(たぶん)の声も混ぜながら!!!どんどん破壊していくの!!!そんで再構築していくの!!!!!ほんっとにかっこよすぎた!!!!!昔はさー、シンセの王子様だったけどさー!!今じゃ王様通り越して神様だなーって思った、いやもう本気で…。

この時、フリルの白シャツ、胸元がっつり空いていたんだけどいつ上着脱いだんだっけ…まったく記憶にございません笑。そして胸元みる余裕すらないくらいかっこよかったんだよううう!!!

☆ヒロソロだんす!!!!
そしてドラムギターソロはさんでヒロのソロ!!!きーぺ!!衣装がねーー!!!マイケルっぽい王子衣装がねーー1!!かっこよかったの!!!初日とちょっと衣装変わっていたって話だけど、どこがどうなっていたんでしょう?

ダンスもめっちゃ頑張ってた!!個人練習ってこれだったのかー。
初日に口パク?って言っていた人がちらほらいたからそうかなーと思っていたんだけど、大阪は生歌だったよね???呼吸音聞こえたもの!!!動くたびにひらひらゆれるいろんな色のリボンがかっこよかった。羽付きのジャケットも似合うよねー!1!!!

☆どんどん乙女化していくAXSでの大ちゃん…!!!
そして登場した大ちゃんは…
噂通りの乙女だったwwwwwwwwなにあの金髪パンク森ガールwwwwwwwww
思えば15周年ツアーの時の衣装のロングコートもカーキ系のロングコートで、胸元にコサージュ&下がチュールスカートぽくなっていて…乙女かわいい!!!って思ったけど!!!!6年たってここまで進化するなんてwwwwwwwなんでwwwwaccessの大ちゃんはwwwwどんどん乙女な方向になっていくのかwwwww

帽子に長髪のカツラまでwwwwwwカーキのもふもふのロングコート!!!!裾のほうもふわふわしていた気がする!!!!!!!リボンもついていたって本当????!!!!!!!
足はっていうとね、ショートパンツ+生足+ドクロタトゥー(初日はジョンだったらしい)+ロングブーツですよ!!!!大ちゃんがついったに写真上げているからみるといいよ!!!!http://www.mobypicture.com/user/daisukeasakura/view/15737783

そこからエッジだったんだけど、大ちゃんの衣装が衝撃的すぎてあんまり覚えてないwww大ちゃんがショルキーもって左側に行ったとき、きゃー!!!って悲鳴上がったから何事かと思えば、コートもショーパンもめくりあげて客に生足&ドクロみせつけてたwwwwwなにやってんの大ちゃんwwwwww

ヒロ一生懸命歌っているんだけど、どうしても視線が大ちゃんにいってしまって笑、記憶が薄いです…!!!!
ちょっとヒロのほう見る余裕が出てきた頃、次の曲フリー!!!やったー!!!!これ、前奏CDのとちょっと違う感じがしたんだけど、アレンジしてあったのかな???くそう、もっといい耳と高い記憶力がほしい…。この曲、ふりも含めて会場大盛り上がりだった!!!

スクリーンには炎が表れてダウトラ!!!これも前奏の大ちゃんのシンセソロがかっこいい♡ 間奏で左側の客にショルキー触らせていたっていうか、弾かせていたのだけど(超うらやま!!!!)、その後交換したショルキーの調がおかしかったのか、メロディとぶつかってすごくカオスになっていたww

その次シャザラー→永遠dive!!!!!まさにテンションMAX!!!シャザラーではしゃざらー!とかどれみだーん!とかニコ動で弾幕になるところを何度も客席にマイク向けてくれました笑。

どの曲だったか忘れちゃったんだけど、大ちゃんとヒロがまたくっついていて笑、ヒロが大ちゃんの肩に回していた手が帽子にあたって帽子が落ちそうになったのかな?ヒロが笑いながら大ちゃんの帽子を押さえてぽんぽんってしていました!!かわいい!!

永遠diveになると何も言われなくてもタオル手に用意しだす客たち!!!回すの楽しかったーー!!

そしてwe’ll。
永遠diveのCDで舞浜アンフィシアターでの録音を聞いて以来、この曲ライブでうたいたいー!聞きたいー!!ってずっと思っていて!本気でこの時ファンじゃなかったことが悔しくてギリギリ歯ぎしりしていたからwwもう歌詞も完璧に覚えていたから!!!

この録音の時にさ、ほぼ一発で客が歌えたのもさすがー!って思ったのだけど、何より印象に残ったのは、歌詞を入れて録音するときに、大ちゃんが「かなり激しい曲にするつもりだから、そのつもりで、はっきり強く歌うようにして」って指定したとき。指定の仕方とか、やっぱプロデューサーだよなーと思ったのと。「激しい曲にする」って言ったとき、「えーー!」って反応がおおいんだよね。そうなんだよね。このメロディだけ聞くとバラードかと思うもん!!それがあのwe’llの力強い曲になるわけでしょ??やっぱり大ちゃんすごい!!!って思った!!!!

永遠dive、we’llの一体感の感動に打ちひしがれていると、そのまま大ちゃんとヒロ退場。

以下アンコールになるわけですが、余計なこと書きすぎてながくなったんで②へ続きます…
[ 2013/08/07 04:05 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG168感想 コメント返信

神のみぞ知るセカイFLAG168感想~天理の告白と桂馬の心~

コメントいつもありがとうございます!泣くほどうれしいです。
もはやコメントが楽しみで記事を書いています笑。

返信が滞っていて本当に申し訳ないです…
とりあえず返していない分を終わらせるまで1日1記事、コメント返信が目標ですよ。
で、ですね。コメント返信をしていたらものすごく長くなってしまったので、これからは返信を記事にしていきたいと思います。感想本文よりさらに脳直で書いてるので読みにくいと思います。スミマセン!

>元同人文字屋さん
やばいいい!!こうやって桂馬と歩美の時系列だけ抜き出すとまじで恋愛物じゃないですか!!!笑 
薄い本が厚くなるとは…こういうことだ…!!
もうね、本当にね…二人は恋人関係だぜーーってねつ造してお話作りたいくらいですよ笑!!だって連載前の読み切りバージョンみたく記憶消去って決まりがなかったら、桂馬と歩美って絶対緩やかに本当の恋人同士になってますって!!!(根拠のない主張
包容力ある本人の自覚無しにアイドル的存在の陸上部女子と、クラスの最底辺で他人に興味なし、だけど自覚有りで自身の才能と興味を追求しまくってる神…最早ふたりでひとつ!!お互いに影響しあって成長していけるに違いない!!!

…そろそろ自重します……これだから桂あゆ脳は……

私は若木先生信者でもあるので笑、桂馬もちひろも歩美も、ちゃんと最後には現実に生きる少年少女として救われるんじゃないかなぁ、と思っております。
それが桂あゆの未来を完全否定するようなものだったらさすがに凹むと思いますが…笑。

>ここが【神のみ】の魅力の一つ
で す よ ね !!!!!
ずうううっとシリアスで暗い展開にはしないのが。
読んでてすごくほっとします。

>ものの見事に桂馬&エルシィに感化された事
単行本読みかえしてみると、ものすごーーーくおっしゃることが分かりました…
桂馬も変化しているけど、なにより変化しているのは周りの女の子たちなんですね。
その中で、唯一変化していないのが天理で。…変化していない、というか、桂馬と出会ったことによる彼女の変化はずっとずっと昔に起こって、それをずっと維持しているってのが凄いんですよね…。
スク水属性ないから私はよく分からないんですけど笑、天理っぽさ、つまり目立たないことを好む性格と、それが本人の意図しないところで魅力となっているってのはとっても良く分かります。確かにスク水っぽい笑。

マジックボックスの中から、体も顔も隠して「あなたが楽しそうにしてるのが好き」なんて言っちゃうヒロインは…うん、ある意味桂馬と同じく自己犠牲の塊だと思うんです…
「好き」が原動力で動いちゃう歩美とは対極というか。ううっ
天理はより特殊というか、神のみだから成立するヒロインだな、と思ってしまいます。天理が初めて出てきた時、この子は桂馬との関係を「今のままでいい」というスタンスのままでいれるのかな、と思っていたのですが。今回のを読んでしまうと、このスタンスがぶれないから、天理は神のみのヒロインなんだなとおもってしまいました。

>“桂馬の家族”というステージに登ってこれるヒロイン
そう!!私が求めているのも、そこのポジションなのかもしれません…うううん。
桂馬が心安らかにいられる場所を……!!!

>プラスノートさん
セリフ、本当にすごいですよね…
若木先生のすごさ改めて実感です…
こういうのもあだち先生ぽい、というかサンデーらぶこめぽいというか。
直接的でないんだけど、確実に優しさや温かさが伝わってくるっていう。
「それより、手品のつづきないの?」は神がかってましたね。
桂馬のセリフのなかで1、2を争う印象的なセリフだと思いますよ…で、ちゃんと桂馬の人間らしさ(私はこれにこだわる傾向がありますね…)が!!!
最後の表情は…、うん、きっと呆れた顔しながらも口の端は上にあがってるはずだ!
まだ目は笑ってないかもしれないけれど……

>そのたさん
ありがとうございます!直しておきしたー!(遅くなってスミマセン
ですね。内容を詰め込んだ話と話の間に、必ずほっとできる(でもやっぱり名作!)話を挟んでくれるところが、大好きです!>神のみ

>シクスティさん
そ、そんな流れがあったのかーー!!(最近神のみTLすら追えてない人…
とても印象的なタイトルですね。そして今回にぴったり!!

あああ、その、「好き」と「付き合う」が繋がらないって感情、私もとてもよくわかります。
もっと言うと、接触するのが嫌じゃないなら、「好き」という感情が曖昧でも「付き合う」ことができるというか……。
と、同時に何で隣にいるのが自分じゃないんだろうっていう感情もとてもよくわかる笑。
人間とは難しくてへんな生き物ですねぇ…

>自分と接している誰かのそのときの一面を好きになるのではなく
自分と全く・ほとんど接点の無い誰かのありのままの姿を好きになる


おお、盲点だったかも。
物理的にも、精神的にも接触することで好きになったり変化したりっていうのが恋かなっていう固定観念があった気がする。
だからイマイチ、今まで天理や結のお話に夢中になれなかったんだなぁ…(と今更気付く

(結構前からうちのブログに来てる方はご存じかもしれませんが、天理編結編あたり、私のブログ更新が滞ってます)

でも、今回の天理編、そしてちひろ再攻略編を読んで、「自分と全く・ほとんど接点の無い誰かのありのままの姿を好きになる」ことの魅力がわかりましたよ!!
そこからゆっくりと、お互いに影響しあえる存在になっていくのが個人的に理想です笑。

確かに、結も「桂馬が自分に何かをしてくれる」ことに対して期待していないし、求めていませんね。

>やろうとすると神のみにこじつけた自分語りになる
それでいいんじゃないでしょうか。
私の初期の感想なんて…というか純編とかちひろ編とかの感想はひどいですよ笑。
そうやって自分の感情や思い出や経験を整理する中で見えてくることだってありますよ。
神のみ自体、若木先生のそういったものをかみ砕いて出来ているわけじゃないですか。

ここでよかったら存分に活用してやってください笑。
私もなぜか、感想かこうとブログの編集ページひらいたりコメント欄ひらくと、自分の考えてることがまとまってきたりします。

>ぼろねこ2kさん
>逆に天理の立ち位置の弱さを思ってしまった
私も、立ち位置としてはとても弱いと思います。きっと他の漫画じゃヒロインとして成立しない。だから神のみだからこそ魅力的に見えてくるキャラなんじゃないかなぁ。
天理はきっと、何か重要な仕事を残しているに違いないですよ!
「ありのままの桂馬でいて欲しい」と「空気的な存在」は調和しているようだけど、でもきっと、天理が何かしないと「ありのままの桂馬でいる」ことは無理なのだと思うのです。

>桂馬の真意を今誰よりも知りたいのは歩美
ですよね!!あんな状態を目撃してしまっているのだから…涙!
桂馬だって、本当にメリクリウスが歩美にいるのか知りたいだろうし…
(というか私も知りたいです。メリクリウスだって明確には言われていないので…)


>再び元同人文字屋さん

>9月15日のmoyashi36氏のコメント
>ちひろを攻略してみるけど結局女神は歩美の方で、
>歩美の再攻略がとんでも難しくなる展開を予想
がドンピシャリと的中(凄い推測力)。


ほ、ホントだ―――!!
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/blog-entry-980.html#comment_list
そうだ、そうなんですよ、今あゆみんの桂馬への好感度はどんどん下がっているですよ…
でも「好き」が捨てられないのがきっと苦しいんだ…うおおお(また無駄に感情移入を…

私も、結のキャラが、というか、男女入れ替わり攻略や女装男装デートが不必要だったとは思えないんですよね。
何より、新たな生き方をみつけて、他人は他人、自分は自分、それにまい進するという結が、非日常っぽく演出されながらもリアルな「かっこいい女の子」だなあと思えるからで…。という話は長くなりそうなので止めておきます笑。

>今、傷心のちひろにもあゆみんにもごく自然に接することができ、なおかつ桂馬とも繋がってるのは結しかいないわけですよ。おまけにマルス覚醒で裏事情にまで通じてる数少ない味方。

まさに!!結の大車輪を私も期待しております!!!
[ 2011/12/05 03:20 ] 音楽 | TB(0) | CM(1)

フジファブリックの志村正彦さんが亡くなったので

訃報をきいたとき頭まっしろになりましたよ…
1週間遅れで「フジファブリックのネトネト言わせて」最終回を聞いた翌日の出来事でした…
フジファブリック志村正彦、12月24日に急逝
フジファブリック公式
VIPPERな俺:志村死んだしフジファブリックで好きな曲でも挙げようぜ

あまりに唐突すぎて、何も言葉が浮かんでこなかったんですが、数日たって「陽炎」聞いてるときに涙とともにぐわーっと志村さんの曲に対する思いがあふれてきました…

少年サンデーファン、久米田先生ファン的には、フジファブリックのTEENAGERを使用した「かってに改蔵」手書きMADが有名でしょうか。

2008年に発売されたフジファブリックのアルバム「TEENAGER」の最後を飾る曲が、表題にもなってる「TEENAGER」。
この曲も、亡くなった志村さんが作詞、作曲、ボーカルを担当してます。

基本的に、フラカン、怒髪天、たま…と音楽活動暦20年越えるようなバンドばっかり好んで聞いてる私ですが、(新しいバンドも聞くことは聞くけど継続的にCD買うのは少ない)フジファブリックは「銀河」のマキシを買って以降、必ず新譜を購入して、何度も何度も聞いていました。

フジファブリックを聞くきっかけにになったのは、NHK-FMの新譜紹介から流れてきた「銀河」でした。
「銀河」PV(youtube)
第一印象は、かなりポップで聞きやすい「あぶらだこ」だったという笑。
歌詞わけわからん!(でも妙に記憶に残る)
メロディも変態だ!こんなところで転調するのか…
でも、決して内向きの欝な音楽ではなくて、外へ前へ向かうエネルギーにあふれてる!
…これは来るな!と笑。いかにもゼロ年代じゃないか!!

当時ナゴム周辺の、とにかく「ヘンな音楽」を聴くのに嵌っていた私は、銀河に一発で夢中になり、マキシを購入。
そして「銀河」はもちろん、カップリングで入っていた「黒服の人」に打ちのめされることになります。

ただの変態音楽かと思いきや、とても繊細な詩を書く人なんだなぁと…
メロディや編曲はやっぱり独特でひねくれてるところがあるんだけど、情景を言葉を音に乗せるのがすごく上手い。
志村さんが見てる世界を、音楽という形で、私たちに届けているんだ、と。
そして私はその世界に憧れてるんだな、と。


「目の前に風景が広がる」って表現はよくありますが、フジファブリックの曲は自分の背後に新しい風景がぐわーーーーっと広がる感じがするんですよね。で、そっちへ向かって走り出したくなる。

特に、「星降る夜になったら」はホントに好きで。勝手に神のみSSのタイトルに拝借したくらい笑。
(このライブ映像はあんまり音良くないんで、できればCDで聞いてほしい…。TEENAGERの最後から2曲目。)

この曲作りには、ピアノの金澤ダイスケさんの存在も大きいと思う。鍵盤の使い方が素敵過ぎる!
アッパーなサビが2回演奏されて、おもむろに挿入されるこの部分。
「黙って見ている 落ちてくスーベニア フィルムのような 景色がめくれた 
 そして気づいたんだ 僕は駆け出したんだ」

メロディーの怪しさ、あまりにも詩的な情景はもちろん、金澤さんのピアノが心に迫る。
リズムはちゃんとはねてるし、テンポだってはやいんだけど、ここだけスローモーションになってるような気さえしてきます。違う世界へトリップ!!見たくても見えない世界にトリップ!!!


もちろんどのアルバムも大好きなんですが、やはり「サンデー・青春コメディ好き」の私としては「TEENAGER」を押したいですね。このアルバムについては、以前神のみぞ知るセカイ:サンデー好きによるサンデー好きのためのMAD紹介で書いたのでちょろっと再掲。

唐突ですが、最近の私のヘビーローテーションアルバムはフジファブリックの「TEENAGER」であります。レッド・ツェッペリン?もしかしてプログレ?に、日本歌謡!??と一曲のなかでも目まぐるしく変化していくサウンドは、何度聞いてもあきることがありません。結構過激…というか変態的…な曲も多かったりするのですが、どの曲も青春ノスタルジーが根底にあるような気がします。
特にアルバムの最後を飾る、アルバム名にもなった「TEENAGER 」は正に10代!青春!ひねくれてるけど真っ直ぐ!な感じが、やっぱり大好き。いつも満たされたくって、でもどんなにもがいていてもいつも不満で。もうとっくに20代な私ですけど、「あーわかるかる」なんて、こんな曲を聴きながら、そして「神のみ」みたいな漫画を読みながら、いつまでも青春ごっこをつづけていくんだろうなぁ…なんて感傷的な気分にひたってみたりするわけです。


このとき、最後に銀河のPV紹介して
踊りも強烈ですが、やっぱ山内さんの赤いストラトキャスターがかっこよすぎる!いつもイントロでガン見してしまう私…。またライブ行きたいなぁ。
なんて書いていましたが、結局これ以降ライブは行っておらず…。ものすごく後悔しています。
5周年ツアーも結局行けなかったし…(チケットだけとってた)

今となっては、志村さんの曲ひとつひとつがすごく重く感じられてしまいます。
別れや、新しい世界へ向かっていく曲が多いだけに…

「何年たっても思い出してしまうな…」
「途切れた夢の続きを取り戻したくなって…」



「昨日の夢がなんか続いてるみたいだ その先が見たくなってストーリーを描くんだ」(星降る夜になったら)
私が生きてる原動力ってこれなんです。
この先、志村さんの新しい世界が音楽を通して追体験できないんだ、と思うと無性に悲しい。

悲しい。

私が発することができる言葉はこれだけ、なんですよね。
それがもどかしい。


先日行われた、CDJ(カウントダウンジャパン)。キセルも、トライセラトップスも、フジファブリックの曲を歌ったそうです。そして、志村さんが尊敬していたあの人も、最後に「茜色の夕日」を…。
奥田民生は“茜色の夕日”を歌った
ラジオの最終回で最後に流れたのも、茜色の夕日だった。

[ 2009/12/29 17:46 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

たまには音楽:ボブ・ディラン『One More Cup Of Coffee』を「たま」が演奏したら…ほか

たま「麦茶をもう一杯」ほか
たまに音楽とか…とブログの説明につけておきながらめったに音楽に関しての記事書いてないなぁと思ったので、きまぐれに…。せっかく動画がはれるので、「たま」の名ライブをいくつか紹介しようかと。


まずは「たま」によるボブディランのカバー曲の紹介をしたいと思います。
(この曲のニコニコ市場に、絶望先生の千里の着ボイスが登録されていて笑いました~)

この「One More Cup Of Coffee」のカバー、CDにはなってないんですよね。
ライブ限定で演奏されていたもので、映像でしか残っていません。
(ビートルズの「Girl」のカバーもやっていましたが、これもライブ限定でした)

ヘッドホン推奨。
知久さんのギターマジでかっこいいです!
今も時々ソロライブに行ってるのですが、大げさなパフォーマンスなく、アコギでさらっと複雑なフレーズを奏でる知久さんのすばらしさと言ったら!言葉になりませんなー。

曲はもちろんディランなんですが、タイトルも訳詩もかなり遊んでいます。
(ボーカルと訳詩は、「さよなら人類」の柳原幼一郎さんです)
そもそもコーヒーじゃなくて麦茶になってるし笑。
たまといえば、フォークっぽいというか、素人っぽい音という印象をお持ちの方もいるのでしょうが、たまが作り出す音のセカイはもっともっと広いのです。無限大です。
アコースティックで日本的なダウンの音(ってわかりますかね?盆踊りみたいな感じ)のようで、洋楽を演奏してもばっちり「たま」のセカイになっちゃうんですよね。
そういう、たまの懐の広さ、音楽的な上手さというのは、カバー曲の方が際立つんじゃないかなぁ。
というわけで、たまを一発屋だとか色物だと思ってる人には是非聞いて(見て)いただきたいです。

この曲が気に入ったという方は、柳原幼一郎さんのアメリカンポップカバーアルバム「ドライブスルー・イン・アメリカ」に入っている「ハレルヤ」もオススメです。でもやっぱ、ボーカルと他楽器、コーラスの一体感はこのライブのほうが断然上だなぁ。


もうひとつ「たま」の音楽で。

これは、上で歌っていた柳原さんが「たま」から脱退したあと3人になった「たま」のライブです。
ロックフェスに出たのは、これが唯一だったかな。
初期の知久さんの曲と比べると、おそろしくストレートな愛の歌でせつなさいっぱいなのが印象的です。CDだとかなりデジタルな編集がかかっていて、それもかっこいいのですが、やっぱりライブの方が似合う気がします、この曲。

最後に、私が舞台と音楽、そして「たま」に興味を持つきっかけになったライブ映像を。

「フォーク探検隊」じゃなくて「ポーク探検隊」ですね、たぶん。
これ、ナゴムレコードが解散前に出した、所属バンドのライブや今までの歴史を振り返る映像が収録されてるビデオ(オール・ザット・ナゴム)に収録されていたものです。
89年(だったかな?)の映像なんですけど、このころからメジャーデビューまでくらいの「たま」って、変な民族調の衣装を着ていたり、暗黒舞踏みたいな白塗りしてたり、曲中の語りに気合が入ってたりと、アングラ演劇の影響が強いんですよね。
(少年王者館や維新派の演劇に、役者や音楽として参加していました)
初めて、アングラっぽい、だけどどこか楽しい、そんなものを初めて見た私はすっかり「たま」の大ファンになってしまっていて、ついでに維新派にもずるずるとのめりこんだのでした…。

このライブの語り途中で「ピー」音で消されているのは、柳原さんが天皇崩御ネタをいったから(画されてるところは、皇居の住所ですね。)なんだそうです。うわー凄く危険なバンドっぽいぞ笑。
[ 2009/07/12 15:15 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。